イントロドンとパスタ作ったお前

先週のバナナムーンgold(バナナマンのラジオ)でイントロドンをやっていました。私はイントロドンというゲームがけっこう好きです。イントロドンをつまらなそうにやっているひとを見たことがありますか?

どんなゲームでも真剣にやれば面白くなる」というのはバナナマンの格言だけど、イントロドンは誰でも自然と真剣になってしまう魔法のようなゲームだと思います。

…と言っておきながら、私はイントロドンをやったことがありません。テレビやラジオでやっているのを指をくわえて見ているだけ。

なぜなら、正式な(?)イントロドンを行うためには、出題者1名と解答者2名以上が必要になるわけで、友達が少ない私にとっては「(磯野〜)イントロドンやろうぜ〜」と誘うのはなかなか難しいことなのです。

iTunesで音楽をシャッフルで流してなんの曲かを当てる「ひとりイントロドン」ならば私もやったことがあります。何千曲とあるのですっかり忘れている曲もあってわりと楽しい。楽しいけど、ひとりなので勝敗もつかず、しばらくすると飽きてしまう。

・・・

バナナムーンのイントロドンで湘南乃風の「純恋歌」が出題されていたのですが、純恋歌を聴くと昔の彼女のことを思い出します。

19歳の頃の話です(12年前)。
ある日、同棲していた彼女がアパートに帰ってくるなり「純恋歌を目の前で歌われた」と言ってきました。

目の前とは?と思い「カラオケに行ったの?」と質問したのですが、そうではなくて、彼女は友達数人とバーベキューをしにキャンプ場へ行っていたらしく、みんなの輪から少し離れて休憩していたときに、男の子のひとりがおもむろに近づいてきて、いきなり目の前で純恋歌を歌いはじめたらしいのです。
それも大声。それもフルコーラス。

当然、まわりのお客さんにも聴こえるし、一緒にきた他の友達にも聴こえています。
「たぶんだけど、求愛行動をされた」と彼女は言っていました。同棲していることは女友達にしか話していなかったので、アプローチを受けること自体はおかしなことではないのですが、方法が特殊すぎる。

「歌の間どうしてたの?」と聞いてみたら「なんか、とりあえず遠くを見てた」と言っていました。なんだそれ。

・・・

「いきなり歌うってやばくない?」と私は多少の優越感に浸りつつへらへらと笑っていたのですが、そのわずか1年後に音楽の専門学校に入学して、作詞作曲を学び、コテコテのラブソングを腐るほど作っては彼女に聴かせることになることを当時の私はまだ知りませんでした。


#エッセイ #バナナムーン #bananamoon

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます。サポートしていただいたお金は今後の活動に役立たせて頂きます。フォロー・コメントもお待ちしております!

感謝します
7

【エッセイ】

エッセイです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。