2016.3.4 cakes「こじらせ先輩に聞いた、もぐらたたき女子のこと」ウラ話〜携帯チェックの心理学〜

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

今回わたしは世にも珍しい「もぐらたたき女子」のお話を聞きまして、そのことをcakes週間連載に寄稿いたしました。

cakes記事 「こじらせ先輩に聞いた、もぐらたたき女子のこと」

さて、記事の中でも触れた、女性がする携帯電話チェック。これ、されたことある男性も多いのでは?

私、昔からこの携帯ガサ入れをする女性に注目しておりました。会う女子会う女子、親しくなったら「携帯をチェックするかどうか」を聞き、おおよそ3タイプに分かれることが判明したのでここにまとめたいと思ったのです。

1、ほんの出来ゴコロ「チラ見女子」
2、復讐として見てしまう「リベンジ女子」
3、プロ並の手口「鑑識系女子」

「見たくないものを見る」というこの一見矛盾した行為。ここには人間の心の奥底の真実が、ちらりと見える気がするのです。この記事では有名な心理実験なども引用し、この行為を検証してみましょう。


なお、内容がエゲツない上に私の経験談も多数含まれ、さらには当の女性に読まれるリスクもあるため、ロック目的に途中から有料とさせていただきます。

1、ほんの出来ゴコロ「チラ見女子」

このタイプの女子は、彼氏の携帯を見た理由を「ほんの出来ゴコロでぇー、たまたまカレがシャワー浴びてる時に携帯が鳴って通知が見えちゃったからぁー」と、なんの説得力もない言い訳をします。

こんな事象の多くは、脇の甘いカレがLINEやFacebookのメッセンジャーの「通知をon」にしているばっかりに、携帯に「昨日はごちそうさまでした、また会いたいです(はーと)」などと一瞬ポップアップされたものが捕捉されてしまうというものです。

ここからこの女子がどうなると思います?

ぐっと堪えて、無かったことにする?それともムカついてガサ入れをする?

この続きをみるには

この続き:3,134文字

2016.3.4 cakes「こじらせ先輩に聞いた、もぐらたたき女子のこと」ウラ話〜携帯チェックの心理学〜

雨月メッツェンバウム次郎

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

cakes連載記事、あそこには書けない週刊ウラ話

cakesで毎週金曜の連載「それでも僕は、外科医をやめない」のウラ話や続きを書いています。ここだけでもお楽しみ戴けます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。