見出し画像

10年遅れの彼女のこと。

うちの奥さんが、友達からブルーレイディスクをもらったようだ。なんでも友達が作った動画が入ってるとのことで。

そこで奥さんが私に尋ねた。

「ブルーレイディスクって、、、、テレビ???」

早くこの人を何とかしなければと本気で思う。彼女はブルーレイディスクを知らないのだ。いや、冗談じゃなくて。質問の仕方も訳が分からない。だいたいテレビ??って、それこそ何なんだ????

彼女はこういった機械もの(?)や流行りものに弱い。

SNSなんてものも全くしないし、そもそもネットも見ない。というか見方を知らない。知ろうともしない。音楽を聴くのも、いまだにミニディスクで昔の歌を聞いているといった具合だ。(最近、MDラジカセが音飛びするようになり、壊れるもの時間の問題だ。)

彼女は多分、世間から10年くらい遅れていると思う。ほんとに。彼女はスマホを持ってはいるけれど、ようやく息子とラインをする程度になったばかりで、あまり活用していない。出掛けるときは、なぜかスマホを家に置いてゆくという信じがたい人だ。

けれども時々、そんな彼女をうらやましく思う時がある。彼女はまったく、くよくよと悩むことがない。もちろん、悩むことはあるけれど、とてもあっさりしている。「うーん、どうしよう?ま、いいか」と言った感じだ。

私は思うのだけれども、別にSNSをしているからといって、必ずしも幸せとは限らない。もちろん、物事にはいいこともあれば悪いこともある。大切なのは、その人がその人らしく何を自分でどう選択するのか?ということだと思う。

彼女は自分の好きなものを自分で選んでいる。
ただ、それだけなのだ。

そして私はその選び方が、彼女らしいなと納得してる。
ただ、それだけなのだ。

それでも、さすがにスマホは出掛ける時も、携帯しなさいと伝えたけれど。(私が連絡できなくてとても困る。)

さて、ブルーレイディスクの再生機がないのでどうするか?買うべきか?彼女に聞こうかと思ったけれど、今、彼女は大のお気に入りのアニメ「どろろ」を夢中になって見ていたので、それどころではなかった。(毎回録画している)

「あのう…」と尋ねたら「百鬼丸!」とひとこと言って終わってしまった。(たぶん、アニメのイケメンヒーローのことだと思う。)

一体、どうすりゃいいんだ?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで下さってありがとうございます。大切なあなたの時間を使って共有できたこのひとときを、心から感謝いたします。 青木詠一

歩こう!歩こう!私はーげーんき!
25

青木詠一

優しさ/悲しみ/人間関係/接客/クレームを描いたエッセイ「それでもお客様は神様ですか?」(大和書房)を出版「いくつもいくつも咲くために。言葉は小さな葉っぱなんだ」をテーマに今を生きる心のエッセイ・詩・写真を公開中。日本能力開発推進協会のメンタル・上級心理カウンセラーの資格を取得。

緑の風に吹かれて【日常エッセイ】

自由気ままに書いたココロのエッセイです。

コメント8件

あずきさん、コメントありがとうございます。私の家ではまだ、DVDレコーダーが現役なんです。これで十分な気がしますが、私も彼女に引きずられて少々、遅れてるみたいです。笑 でも、毎日がある意味、新鮮です!
だらずさん、コメントありがとうございます。私はいつも、みんなのフォトギャラリーから画像を選ぶのがとても楽しみなんです。で、うちの奥さんがネコみたいに気ままな性格なので、ねこ、で検索したらだらずさんのねこちゃんを見つけて思わず”うわぁ”って声が出ました!うれしかったです!笑
しつこくコメントしちゃいますが、使ってもらえてむっちゃうれしかったです!!
空の鏡さん、ありがとう!以前のエッセイを読んでくださるなんて、とてもうれしいです!あらためてこのエッセイを読み返しましたが、今もうちの奥さんは変わらないなぁなんて思いました。まぁ、それがいいのかな。笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。