エカワ珈琲店が考える、「コーヒー豆焙煎中に発生する化学反応/その1」

エカワ珈琲店は、コーヒー豆の焙煎中に発生する化学反応を簡単に10項目に分類して整理整頓しています。そして、その考え方に基づいて、コーヒー豆の焙煎工程を制御しているつもりです。

その「エカワ珈琲店が考える、コーヒー豆の焙煎中に発生する化学反応」10項目は以下の通りです。

(1)概論、(2)スクロース(ショ糖)/Sucrose、(3)コーヒーの褐色色素(コーヒーメラノイジン)、(4)セルロース、(5)トリゴネリン、(6)キナ酸、(7)ニコチン酸、(8)環境温度(雰囲気温度)、(9)Best Reaction Ratio(BRR/ベスト・リアクション・レシオ)、(10)最大環境温度(最大雰囲気温度)

1回目は、(1)概論、(2)スクロース(ショ糖)、(3)コーヒーの褐色色素(コーヒーメラノイジン)の3項目を紹介させて頂きます。

この続きをみるには

この続き:2,781文字/画像1枚

エカワ珈琲店が考える、「コーヒー豆焙煎中に発生する化学反応/その1」

ekawacoffee

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ekawacoffee

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。