ローストプロファイル作成の練習方法

その日に焙煎した全てのバッチにおいてローストプロファイルを作成して、そのローストプロファイルの大部分が、エカワ珈琲店が考えている範囲内のローストプロファイルだったとしたら、その日のローストプロファイリングの作成練習は大成功だと考えることにしています。

カッピング(コーヒーの味見)のプロファイルを駆使して、一度、理想的な(基本となる)ローストプロファイルを見つけたならば、そのローストプロファイルを参考にすることで、いつでも希望する範囲内の焙煎コーヒー豆を作り出すことができるとエカワ珈琲店は考えています。

理想的なローストプロファイルを作っておけば、ほんの少しの微妙な状況の変化があったとしても、その状況の変化に対応して上手く正しい方向に修正することができると考えています。

普通、コーヒー生豆は時間(日にち)の経過とともに徐々に変化して行きます。

コーヒー生豆の状態変化は、カッピングで見つけることも可能ですが、コーヒー生豆の状態が変化していればローストプロファイルも変化するので、焙煎工程において見つけることもできます。

この続きをみるには

この続き:2,429文字

ローストプロファイル作成の練習方法

ekawacoffeeの珈琲ノート

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ekawacoffeeの珈琲ノート

エカワ珈琲店が、これまで30年近くに渡って蓄積して来た珈琲に関する経験(スキル)・技術・知識を読める化した記事を、noteを通じて有料販売させて頂いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。