見出し画像

土の中のセミ

私が子どもの頃、まだ道のほとんどは土の道だった。
その道がどんどん舗装され、アスファルトの道が増えていったのも私が子どもの頃だ。

土の道がアスファルトでおおわれていくたびに、アリやセミはどこから外に出るのだろうと気になって仕方がなかった。
「ねぇ、アリやセミは出てこられるの?アリやセミを地下に閉じ込めてしまっていいの?残酷だよ」
アニメ〝みなしごハッチ〟を見て育ったので、かなりアリやセミを擬人化して感情移入していた小学生だった。

この続きをみるには

この続き:1,022文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
新しい記事を書くのはたびに、記事を有料化し、こちらにどんどんまとめていきます。本数が増えたら、マガジンの金額が変わるかもしれません😅

新しい記事を書くのはたびに、既存の記事を有料化し、こちらにまとめていきます。読み返したいと思ってくださった方は、応援の意味も込めてマガ...

または、記事単体で購入する

土の中のセミ

谷本惠美(執筆業・カウンセラー)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし気に入っていただけたら、応援の意味でサポート(ご寄付)いただけたら書きがい百倍です。

スキをありがとうございます!書く意欲につながります。励みになります。
12

谷本惠美(執筆業・カウンセラー)

カウンセラー・作家。カウンセリングルーム「おーぷんざはーと」(大阪)1991年設立(https://othpage.com/)。著書「モラハラ環境を生きた人たち」(而立書房)「カウンセラーが語るモラルハラスメント」(晶文社刊 現在9刷)他 共著あり。執筆依頼、お待ちしています。

有料記事まとめ Vol.1 ¥2000

新しい記事を書くのはたびに、既存の記事を有料化し、こちらにまとめていきます。読み返したいと思ってくださった方は、応援の意味も込めてマガジンを是非買ってやって下さい。やりがいが持てます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。