BOOKOFFへダンボール箱6箱


基本、本は持って行く方針の
今回の引越しですが、
それでも断捨離しました。

引越し業者が14〜16時に来る予定で、
買い取りは10〜13時。
なんてぴったりなんだ♪

全部で6箱です。
まあ小さめ箱ばかりだけどね。

10年前くらいまでは、ビジネス本や
生き方本を沢山読んでた。
当時の迷走していた自分を
思い出してホロリとする。
今でもいい本達だと思うけど、
もう読む必要はないかな。
必要としてる人の下へ行くといいな。

CDはねえ、ほんっと聴いてないんです(悲)。
音楽をBGMとして聴くという
習慣がなくなってしまった。
そうなってからもう10年くらい放置してて、
埃まみれになってて、こういうのが
断捨離候補No.1だよねえ。
引越しの圧力でやっと手放せた。
でも心は苦しいね(ToT)

ほのんちょっと残すもの。
瞑想CDや震災対策関連、気功など。

買うとうと高いし、ほしい人はほしい
専門書、解剖学や謡本は、
差し上げたり売ったりするつもり。

雑誌やリーフレットは
BOOKOFFでは引き取らないから、廃棄。

ドナドナ〜
結局11時前に来てくれた。
サクサク進んでありがたいね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

eribow

元「片付けられない女」、断捨離歴15年の断捨離マニアです。港区のシェアハウスに引っ越しました。 本業はヒプノセラピスト、東京の御茶ノ水で前世療法のサロンPADOMAを開いています。 双子の息子の母。世界の料理を作る料理病。岡山と都内の2拠点生活を計画中。

ミニマリストへの道

4人家族の3LDK20年間の歴史を捨てて、4畳のシェアハウス暮らしへ転身するため、1ヶ月半の究極の断捨離を記録します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。