見出し画像

熟練者を着るようにした練習で、運動の苦手を克服する。

自分では想い描いていても、それと同じようにして身体は動かない。アスリートともなると完全なイメージを描ける人もいる。
しかし、そこまで到達するためにはある種身体的ではなく、想像的なトレーニングが必要になるのだと思います。

私にとってそのハードルは高く、行き着く前に「苦手」と決めてしまいます。この想像的トレーニングをもっと自然に身に着けるためのインターフェースがあるといいですよね。

今あるもので例えると「鏡」なり「ビデオ」がそれにあたります。

鏡は鮮明であるが、姿が反転してしまう。それと、見ている間は運動に集中することができない。
ビデオは後から確認することができるため、録画時には運動に集中することができる。しかし、鮮明さと奥行がなく、実像として捉えられない。
双方の欠点を埋めるべく、それらを隣り合わせに並べ、繰り返し反復し、理想に対する認識の誤差を埋めていく。

しかしこれでも認識の誤差を埋めるためのセンスが必要となり、苦手はなかなか克服されない。

では、どうあれば良いのだろう?
ここで問題なのは鏡もビデオも、「客観的な自分事」として捉えることが出来ていない点に尽きると思う。
こういったメタ認知を、スポーツにおけるツール、インターフェースとして応用すれば苦手を克服できるような可能性を感じますよね。
そう、スポーツの「上手い」は世界みんなのものだ!

VRは体感と経験を通して学ぶコミュニケーションツールとも言えます。
「もっと探求すること」と「すぐにやってみること」を両立し、みんなで相互創作する楽しさがあります。

なぜなぜなーに?~かもねかもねそーかもね!~やってみた!
これらがカオスフローする場所、それがVRラボです。

我々VRラボと東京学芸大学の奥村先生率いる剣道部とで創発したモチベーションが「身体図式」。
頭の中で描く身体のイメージは実に適当である。これが運動の苦手を生んでいるのではないだろうか?そんな問いから始まりました。

東京学芸大学の剣道場にはすでに数台のカメラと液晶ディスプレイが稼働しており、練習生は運動のフィードバックを数秒前の映像で得ている。

私はこれだけでも驚きましたが、1cmの誤差でも勝負の明暗をわける剣道の世界においては「平面的で最良とはいえない。」続けて「対戦者の視点で自分を見てみたい。」奥村先生と練習生はそう話します。

で、さっそくつくりました!できることはすぐにやってみようの精神です。

剣道の面にステレオフィックカメラ(Insta360EVO)を取り付けただけのシステム。ステレオフィックカメラとは、人と同じように2つの目で撮影できるカメラです。
私たち人は二つの目で見る「ズレた景色」から物体の距離を認識しています。それを再現できるVRカメラといったところです。

出来た映像がこれ。ブレ補正も効いており、中々使えるものになったのではないでしょうか。

ヘッドマウントディスプレイをお持ちの方は、このYouTubeを保存しYouTube VRアプリからご覧ください。ちょっとこわいですよ!

横から平面的に見るのとは違い、剣道未経験の私では一瞬で何が起きたのかも認識できません・・・。
体験した練習生は、しばし空を見つめたり、奥村先生や練習生同士で細かい反省点を挙げているようです。
私はその話のひとことでも理解することは出来ませんでしたが、なんとも嬉しい気持ちでいっぱいになりました。みんなありがとう!

さて、次はこう考えています。
● 即時フィードバックシステムにする。
● 一人称(自分視点)、二人称(相手視点)、三人称(自分と相手を含む客観視点)のスイッチングを実装する。

前方に2つのカメラを備えているヘッドマウントディスプレイであれば実装出来るのではないか・・・。
例えばエルザ ジャパンさんのXR-1 Developer Editionとかね
この筐体であれば、
・即時フィードバックを得られること
・裸眼とほぼ誤差のない体感となること
・身に着けても運動のパフォーマンスを落とさないこと。
上記の3つを叶えられそうな気がする・・・。

装具をつける前提のスポーツにおいては、パフォーマンスを落とさず
あらゆるセンシングができそうですねー!

ゆくゆくは表題のイメージにあるようにして熟練者のモーションデータをダウンロードし、着るようにして自分の動きを合わせていくCall霊システムをつくろうと考えています。

もちろん自分のモーションデータも呼び出して細部確認したり、他者を交えて意見交換できたりすると尚良いですよね。

運動の「上手い」はみんなのもの!
ピンときたお父さんお母さん、小学生でも和尚さんでも!みんなおいでよ。
ぜひ東京学芸大学Explaygroundで一緒に遊びまっしょい!
よかったら気軽にお手紙くださいー !

by えんちゃん
Explayground クリエイティブ
VRラボ、よこしま、Narratify

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

Explayground

やってみて 、追求して 、つくりだす 。 いつだって 、世界を変えたのは変わり者だった。何にも負けない『好き』の力が新たな世界を創造する。 東京学芸大学とMistletoeの新たな教育の試み。エクスプレイグラウンド。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。