四万るい(しまるい)

怠惰な文字書きです。ちまちま物語や日記を書いています。 落書きするのも大好き! 歴史や旅が大好物です。(=´∀`)人(´∀`=) 基本的に寝てばかりいますが、声をかけられると目が覚めますのでお気軽にどうぞー!

note復活! 来るべき令和に向けてこれからちょいちょい書いて行きたいと思いますので、ぜひぜひ読んでやってくださいまし。
短編小説を追加しました! 目指せライターデビュー!

派遣神様・後

・前編はこちら 

 結局、俺の家に突然上がり込んだ(はずの)神様を自称するおかしな二人は、俺がいろいろと考え込んでいる間に姿をくらましてしまっていた。
 まるでおかしな夢を見たようで両親に話をする気にもならず、俺は大学時代の友人にラインの返事だけして早めに休んだ。
 もしかしたら暑気にやられたのかもしれない。うん、きっとそうだ。

 いつものまどろみの中に僅かな違和感を覚えて、俺は意識を取り戻し

もっとみる

派遣神様・前

神様には二種類いる。

一つは治める世界を自ら所有している神様だ。詳しく説明するとこの神様もまた幾つかに分けられるのだけれど――この説明は後回し。

 もう一つは、治める世界を自ら所有していない神様。つまり彼らは、雇われの神様だ。
 派遣、と言っても差支えない(実際、そう呼ばれているし)。
 自分では治める世界を持っていないために、彼らは神様がいない無人の世界へ派遣されることになる。
 そこに神様

もっとみる

米沢に行きました!
上杉博物館で開催されていた《上杉家の名刀と三十五腰展》を観に行くためです。
ううっつ・・・・・・とてもよかった!!!!とても!!!!