見出し画像

noteにおける、Amazonアフィリエイトタグの扱いについて

noteにおける、Amazon商品リンクの扱いについてのご説明。

noteでクリエイターさんがAmazonの商品リンクを貼り付けると、ディフォルトでnote公式のアフィリエイトIDが挿入されます。

この仕様について、あるクリエイターさんから説明が見当たらないというご指摘をいただき確認をしましたので、現状の確認とご共有をば。


現状の仕様

現在、noteにおけるアフィリエイトリンクは、以下のような挙動になっています。

・noteでAmazonの商品リンク(アフィリエイトIDなし)を貼ると、note公式のアフィリエイIDが自動で付与される。
・クリエイターが自身のアフィリエイトIDを付与した場合、クリエイターのアフィリエイトIDが優先される。

つまり、アフィリエイトIDなしのAmazonリンクには、noteのアフィリエイトIDが自動で付与されるわけです(大きな額ではありませんが、サービスの改善予算などになります)。


なぜこのような仕様なのか?

これは、AmazonのプロダクトAPI(Amazonが提供する商品データ取得のシステム)の仕様に絡むものです(と内部で確認をして理解しました)。

noteのAmazonリンクは、リッチカード埋め込みとなり、商品名・画像・金額などをAmazonのAPIシステムから取得しています。外部サービスがAmazonのプロダクトAPIを利用する(商品画像などを引っ張ってくる)ためには、アフィリエイトIDが必要となります。また、Amazonから返されるリンクにも同アフィリエイトIDが付与されます。


アフィリエイトIDなしでは、Amazonの同APIから情報を取得できないため、noteではユーザーがアフィリエイトIDをつけていない場合に限り、自サービスのアフィリエイトIDを付与してデータを取得しています。

今回は、このIDの付け替えが、利用規約やヘルプで事前説明されていないのでは?というご指摘をいただきました。


今後の対応

結論から言いますと、ヘルプと利用規約をチェックしたところ、ご指摘のとおり該当するような説明が漏れていました!! これに関しては、修正いたします。

今後としては、根源的な大きな対応と、素早い小さな対応が考えられますが、まずは素早い現状対処として、noteのヘルプ(note for shopping, Amazonカード表示について)に以下のような文言を追加いたします。(この文章は即時対応版のため、今後も数回マイナーアップデートが想定されます)。

※Amazonのカード表示について
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。
本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
noteは、Amazon.co.jpアソシエイトの参加者でProduct Advertising APIを法人契約で利用しています。API経由で情報を表示する際の仕様上、クリエイター側のアフィリエイトIDが貼られていない場合はnoteのタグが自動挿入されます。

大きな修正としては、これを利用規約に追記することも検討していますが、こちらは少し時間がかかることが想定されます。利用規約に明記する場合はAmazonに限らず、他のシナリオも考慮した包括的な文言が必要になるためです。(ちゃんと考えると、エディタの自動文法チェックなどまで想定した規約が必要になります)。

またオン/オフを選択する機能などは、現状は計画外です。必要な作業工数に比べて、ユーザーのメリットが少ないためです。noteには、まだ実装が間に合っていない重要な機能が数多く積まれています。このため、この仕様は規約/ヘルプレベルで解決したいと考えています。


みなさんからのご指摘のおかげで、今回は素早く対応できました。ありがとうございます。なお本記事は、とりいそぎ即時対応・情報共有のため、より正確な情報やアクションに関しては、必要に応じて公式にリリースいたします。(この記事は厳密な定義や文言回しよりも、大枠の即時共有を優先したものです)。

引き続き、よろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

嬉しいー(お返事がランダムに出せるようになりました)
257

深津 貴之 (fladdict)

piece of cake CXO。THE GUILD代表。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 UXデザインやUIデザイン、noteのカイゼン報告などについて書いていきます。

noteカイゼン報告

noteのカイゼン事項を報告します
8つ のマガジンに含まれています

コメント4件

アフィリエイトIDが不要な実装にすれば済む話だと思いますが。クリエイター側は単にリンクを記事内に貼ってるだけですよね。リッチカード埋め込みにしないといけない理由は無いはずです。
わざとじゃん
誠実な説明、ありがとうございます。

素晴らしいサービスにはお金が必要です。アフィリエイトでもなんでも、どんどんお金を取ってください。

不満な人は、独自ドメインとサーバー用意して自分でやりなさい。
>room51010
リッチカードにしないのは、普通にテキストリンクでできることで、選択肢として提供されています。そちらで対応願えるかと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。