お金はゴールではない、というお話

スタートアップで意思決定をするとき、よく売り上げや利益が判断に基準になります。

でも、ちょっと落ち着いて考えて欲しいのだけど… お金というものは事業のゴールではありません。確かに流通額や利益は、経営指標として重要な数字ですが、万能ではありません。

それだけを見ていると、簡単に足元の石につまづきます。売り上げのために変な設計をしたり、本来ターゲットでない層までキャンペーンを拡大したり、そういうことが起きやすくなります。


なぜかというと、本来チェックすべきは、「企業の掲げる目的に近づいているか(遠ざかっているか)?」だからです。

本来、企業はなにか達成すべき目的をもって設立されます。お金というのは、その目的を達成するための手段でり、事業の持続可能性を強化する道具にすぎません。あくまで道具なんです。そして、道具は目的ではありません。


自分の理解としては、お金は「目的地に向かうためのガソリン」のようなモノだと思います。

目的地を目指さず、裏庭にガソリンをひたすら溜め込む…ふつうに考えれば、ちょっとおかしな話です。ですが、なぜかビジネスではこういった、奇妙な歪みが生まれがちです。たぶん、世代交代や引き継ぎのとき、もともとの想いが継承されず、数値目標だけが継承されやすいのかもしれません。

ガソリンに例えると、みえてくる不自然さ
・裏庭につみあげたドラム缶の量を誇るが出かけない。
・ガソリンは潤沢にあるが行動範囲が半径5km。
・どれだけガソリンを集められるかしか評価指標がない。


コンビニに行くのに必要なガソリンの量と、日本縦断するのに必要なガソリンの量、世界縦断に必要なガソリンの量というのは違います。適正スケールを超えて成長をもとめられたサービスの大変は、原型を留めない変質を起こすか、自重で潰れてしまうでしょう。

投資を受けるのも、上場するのも、「その規模のガソリンがなければ行けない場所」を目指すためのはずです。ガソリンを集めたらゴールとか、自分がガソリンになってしまうとか、気づいたらオバケになることは避けたいものです。人生でもビジネスでも戦争でも、ロジスティクス(補給線)は最重要課題ですが、ロジスティクスは存在意義そのものではないのです。

そんなわけで私生活でも仕事でも、お金が欲しいときこそ、そのお金ってそもそもなんのために必要なんだっけ…と定期的に俯瞰することが大事なのかなぁと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

ありがとー(お返事がランダムに出せるようになりました)
641

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
15つのマガジンに含まれています

コメント3件

ガソリンの例え、わかりやすいです。(*´∇`) お金も一つのエネルギーだとしたら、動かさなきゃ意味がないのでしょうね。
今再確認できてよかった☺️ありがとうございます✨🤲
例えがわかりやすくで面白かったです。
企業も個人も目的地を忘れてガソリンを集めがちな世の中な気がします。
また目的地を見つける為にガソリンが必要だったり。
目的地を見つけてそれに向かって進んでいる状態が一番幸せなんでしょうね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。