【現代麻雀への道】34 麻雀の発明者

麻雀のルーツって湖のほとりなの?

麻雀のルーツにはふたつの説がある。

ひとつめは太平天国(たいへいてんごく)の乱の中で生まれたという説。もうひとつは陳魚門(ちんぎょもん)なる人物によって考えられたという説である。今回はふたつめ、発明者の話だ。

まずは1923年にニューヨークで発行された「週刊中国 (The China Weekly Review)の内容を紹介しよう。

3000年程前、スツェという漁夫が中国・寧波(ニンポー)の湖のほとりに住んでいた。

その地域では浜釣りが主流だったが、ベンチャー精神旺盛なスツェは、船釣りの方が効果的ではないかと考えた。

そこで彼は船を買い入れ、100人の漁夫を雇って船約りをさせようとした。しかし 漁夫たちは船酔いしてしまい仕事にならない。

頭を抱えたスツェは、家族会議を開いた。そこで考え出されたのがマチュー(Mah Diau)である。これこそ麻雀のルーツというわけだ。

このマチューは108枚の紙製カードを使った。現在の麻雀と共通しているのは4人でプレイすることと一人の持ち札が13枚ということだ。

狙いは当たり、漁夫たちはマチューに夢中になって船酔いを忘れた。その結果、スツェの一族は今日にいたるまで繁栄した。

このマチューとは、麻雀の前身とされる馬吊(Matiao) のことだろう。ただし馬吊(マーチャオ)が歴史に登場するのは15世紀ころ。この話に出てきた3000年前という数字には無理がある。時代考証的にありえない言い伝えだ。

※この文章だけ単品で100円で買えますが、このシリーズの37回(本1冊分)がマガジンで1000円となっています。

この続きをみるには

この続き:1,311文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
今から振り返っての追記も付いてます。 知っても役には立たないけど、あなたの麻雀の世界を少しだけ広くしてくれるかも?

太古の昔に『近代麻雀ゴールド』という雑誌に連載した麻雀史を語るコラムです。 第1回~42回。本1冊分くらいの分量です。 麻雀自体の歴史...

または、記事単体で購入する

【現代麻雀への道】34 麻雀の発明者

福地 誠

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

(*^▽^*)
2

福地 誠

フリーライター、編集者。麻雀の著書編著多数。麻雀以外の本に『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』(通称cis本)。第6期天鳳名人位。ニッカンスポーツ杯争奪スリアロトーナメント2015前期優勝。ネット麻雀・天鳳にて十段達成。東大教育学部を8年かかって卒。54歳。趣味はダンス。

現代麻雀への道1

太古の昔に『近代麻雀ゴールド』という雑誌に連載した麻雀史を語るコラムです。 第1回~42回。本1冊分くらいの分量です。 麻雀自体の歴史、道具の歴史、ルールや手役の歴史など。 麻雀史のわかりやすいテキストってほぼないので、そういう意味では貴重かも。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。