日本人の踏跡を訪ねて:白石博士孵化場

7月前半は、チリ南部のアイセン州で過ごした。半分はサーモン養殖会社の拠点で取材(別noteにまとめてある)、半分はコジャイケという町に滞在した。コジャイケは、かつて国際協力機構(JICA)による養殖技術協力プロジェクトが進行していた小さな町だ。滞在目的は、その日本人の踏跡を訪ねることにあった。

 この町に初めて来たのは、2年前の1月。カヤック旅行で遭難しかけたところを養殖会社の船に助けてもらい、

もっとみる

思い込み(重い込み)?

「これがなんで本当のことだって分かるの?」中学生の素朴な疑問

中学生のときのこと。受験に備え取りあえず塾に通うようになりました。当時、野球少年だった私。あまり勉強に興味がなく、特に理科と社会は大の苦手。

あるとき、塾で歴史の授業を受けていました。テキストを見ながら、なんとなく口を出て突いたのが「これがなんで本当のことだって分かるんですか?」という言葉。

意外な質問に少しポカンとした顔の先生の

もっとみる

なぜ、“つまらないもの”を人は嫌うのか?

01 ■ プロローグ
「詰まらないもの。」

旅の荷物は少ない方がいい。
元・国土交通省河川局長で作家の竹村公太郎さんの言葉を借りれば、
日本人は詰まらないものを好まない。

あの強かったモンゴル(元寇)が、なぜ日本に負けたのかと言えば、
日本人が馬などの家畜を「家族」として扱ったからだという。

家族なので、去勢しない。

なので、江戸時代などの歴史的情景に出てくる馬は、
その多くが暴れ馬として

もっとみる

近世大名は城下を迷路化なんてしなかった:第3章(7)四国編

### 3.4.6. ■四国編

#### 3.4.6.1. 丸亀城(香川県)

図 3.4.6.1: 丸亀城

見ての通り、はっきりと方格設計が存在しています。

十字路の割合も、交差点総数が50~100の城下としては高い比率です。目抜き通りが南北に貫き、おおむね左右対称である都市設計は、中国大陸から伝わった都城制のフォーマットに沿っています。

北側の大手門の前に枡形のような広い空間が設けられ

もっとみる

【アンティークコインマニアックス コインで辿る古代オリエント史】 発売のお知らせ

本日、『アンティークコインマニアックス コインで辿る古代オリエント史』が発売します。

冒険家マークが旅をしながらコインの謎を紐解いていきます。コインに描かれた図像や文字は歴史を解明する重要な手がかりです。みなさんもマークと一緒に悠久の古代世界を冒険しましょう。本書を手にしたあなたは、今日から歴史探偵です。

エムディエヌ
books.mdn.co.jp/books/32193030…
上記サイト

もっとみる

第2代天皇綏靖天皇(すいぜいてんのう)神渟名川耳天皇(かむぬなかわみみのすめらみこと)

歴代天皇振り返りシリーズ第2回】第2代天皇綏靖天皇(すいぜいてんのう)神渟名川耳天皇(かむぬなかわみみのすめらみこと)◎「綏」も「靖」も「やすらか」の意であり、「綏靖」で「安らかに落ち着く」の意になる。

もっとみる

世界はなぜ最悪の独裁者を求めたのか

世界恐慌によりそれぞれの国では共産主義やファシズムが押し進むことになった。日本もまた軍国主義が強くなり中国に戦争を仕掛けていた。ドイツでは独裁者・ヒトラーが誕生しドイツの革命に手を出し始める。

その当時のヒトラーの改革はすさまじいモノがあったという。

独裁者が行った改革とは

ヒトラーは全長7000mの高速道路を作ることを計画する。当時、労働者の多くが失業していたので働き口がない人間を雇うため

もっとみる

虹と七色と音楽と

すみません、ここしばらく体が本調子ではなく、記事を書くのに時間がかかっています💦

7月16日は「虹の日」。
これは、虹が七色とされていることから、7(なな)1(い)6(ろ)で虹の日とされたそうです。

1、虹とはそもそも何か?

虹を自然現象として見ると…

光が大気中に浮遊する水滴の中を通過する際に屈折・反射することで様々な色が見られる現象。気象現象の中でも大気光学現象に含まれる。
虹は赤か

もっとみる
次回も、読んで良かったと思っていただける記事を書けるよう頑張ります!
30

光源氏って本当に魅力的なんですか?

ちょっと前に『2時間でおさらいできる源氏物語』という本を読みました。源氏物語といえばだれもが知る日本の代表的な長編小説。日本だけでなく、世界各国で読まれているそうです。

源氏物語の主人公は天皇の子として生まれながらも天皇になれず、臣籍降下で天皇の臣下となった光源氏。彼の恋愛遍歴や栄華を極めていく様子が描かれています。

光源氏は「光る君」「美しい玉のような皇子」と表現されています。古典は良く分か

もっとみる

ネメシスの謎

ローマ帝国下のフリギア・ヒエラポリスで100〜225年に発行された額面不詳銅貨。ヒエラポリスは、現在のトルコ・パムッカレに位置した古都である。通常、ローマ帝国下のコインには皇帝あるいは皇族の肖像が刻まれるが、本貨はそのルールから逸脱した珍しいタイプで、発行地及びその近隣でのみ流通した。表に医療の神アスクレピオス、裏に天罰の女神ネメシスを刻んでいる。

ヒエラポリスは温泉地であったことから、医療の神

もっとみる