蒲田健の収録後記:佐藤優さん

局所合理的なことを追求しすぎると、伸びしろがなくなる。

佐藤優さんの最新刊「十五の夏」

1975年、当時いわゆる共産圏であった東欧諸国を、当時高校一年生の

佐藤さんは夏休みを使って一人旅に出る。海外旅行が今ほど簡単では

なかった時代、しかも行く先は社会体制が全く異なる国々。

特別な伝手があるわけではない、資金が潤沢にあるわけではない、

外国語も流暢に話せるわけではない、ないないづくしの状況。

もちろん事前にできうる準備は可能な限りしておくが、決して十分とはいえない

前提のもとでしかし15歳の男は果敢に飛び出してゆく。

想定外なことが次々と起こる。その都度対応を迫られ、頭をフル回転させる。

しばしば周りの協力をあおぐ。時にSOSを発信する。

共産主義国の人々は冷淡であるというステレオタイプなイメージがある。

それは一面の真理であるかもしれない。

だが多くの人たちが彼のSOSに対し、親切にそして対等に接し導きを与える。

彼は単純にラッキーだったのだろうか。たまたま恵まれた状況にいたのだろうか。否、それは決して偶然ではないのだろう。一人で道を切り開いていこうという

人間へのリスペクトが、周りの人間をしてそうせしめているのだ。

それは理屈ではない。それが人間なのだ。

15歳にして人間の本質的な部分を肌感覚で理解することができた。

その後の人生に途轍もない影響を与える、というのは

もはや言うまでもないだろう。

真の教育、真の学びとは何か。子を持つ親ならずとも大いに刺激を受ける

旅行記である。

「飛び出して 感じて考えてゆけば

          大きく伸びる 出るべし旅に」

P.S.メモは一切なく、頭の中の記憶だけでこの大作を書き上げたという

エピソード、知の巨人の巨人たるゆえんを見ました。一方でまだ幼いお子さんの

ことを語る目がとてつもなく優しく、その落差が非常に印象的でした。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

1

インタビュアー蒲田健の収録後記

収録後に感じたこと考えたことを語ります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。