見出し画像

本田翼ちゃんのゲーム配信は日本における配信文化のターニングポイントになるかも知れない、というのは考えすぎか

昨日、待望の本田翼ちゃんによるゲーム配信があった。
かねてよりゲーマーであるという情報は聞いていたけど、実は筆者はそれほど彼女のことを詳しく知っているわけではなかった。
ちなみにその情報を得た元記事はこれなんだけどね。

この記事の何がムカつくってさぁ『Dead by Daylight』をやってるからって、異常者扱いしてるとこ!DbDやってるくらいで異常者ならホラーファン全員異常者だぞ
そして締めのこの文章、

元カレを生存者に重ね合わせ、殺人鬼になって狩ることでストレスを発散している、というのは考えすぎか。

考えすぎか
じゃねぇんだよ!!
勝手にそんな想像して、まるで本田翼ちゃんがそうしてるかのように書いて異常者扱い。
一番やべぇのはそんな発想してるお前だからな!

しかし、当の本田翼ちゃん、そんな記事など物ともせず、配信ではDbDをプレイ!気に入った!!
配信チャンネルは以下。

しかも、そのDbD、なんと今半額セール中なんだよね。
ひょっとして、事前に本田翼ちゃんが配信するという情報を仕入れていたのでタイミングをあわせたのではないか、というのは考えすぎか。

残念ながら最初から最後まで見ていたわけじゃないのだけど、見ていたときは10万超の視聴者がいてビックリ。情報によるとピーク時は14万を超えたらしい。
人気ストリーマーっていったら今は"Ninja”が有名だけど、彼ですら普段は8万くらいの視聴者なんだぜ。
まさか日本のタレントが超えてくるとは!!

14万人の視聴者ってのが、TVの視聴率で言うとどのくらいなのか?
調べてみたが、このサイトによると0.25%に相当する数字だ。
思ったより少ないって?

いやいや、TV番組と一緒にしてはいけない。一人でゲームやってるだけの配信でこの数字は驚異的だよ。
だって、ぜんぜんお金がかかってないんだもの
出演は一人だし、違ったらごめんだけど、スタッフだって少ないだろうし、生配信だから編集もない(その後、編集済みの短いダイジェスト動画は公開された)。機材だってそこまでじゃないだろう。企画があって台本があってとかそういうのもないだろうし。

しかも、少なくとも見た部分では顔も出してなかったし。最初と最後くらいは顔出してたの?どうなの?
おそらくプレイ中は顔は出して無いと思われる。それでもこの視聴者、凄すぎる。

もちろん、初回配信という物珍しさはあるだろう。
しかし、筆者の推測では、この14万人のうち、初めてゲーム配信を見る、という視聴者はおよそ10万人はいると思われる
そして、その10万の口コミにより、次回以降の視聴者はさらに増加が予想される。そうなると今後、本田翼ちゃんの視聴者は軽く100万人は超えるだろうし、そのなかから「ゲーム配信おもしろいじゃん、他の人も見てみよ」っていう人が1000万人くらいは出てくるので、日本でゲーム配信という文化が一気に盛り上がることは約束されたのである。

これはもう、ゲーム配信の歴史は今年を堺に”Before.Tsubasa”、”After.Tsubasa”に分かれるであろう。
2018年はesports元年かつA.T元年という重要な年となり、後のプロゲーマーライセンス試験でも「A.T元年は西暦何年でしょう?」というのが頻出問題となることが予想されるのでゲーマー全員一生忘れてはならないのである。

ところでホンダはバイクだけでなく車も作ってるので、今後本田翼は車が活躍するロケットリーグをやるのではないか、というのは考えすぎか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

こんにちは。日本の皆様にお知らせがあります。私の活動の援助をお願いいたします。私は独立性を守るため、皆様からの援助のみで活動しております。援助をしてくださる方は少数です。もし皆様が百円寄付してくだされば私はこの先何年も活動を発展することができます。宜しくおねがいします。

今後とも宜しく
19

現八

オールドゲーマー、人呼んでイースポの現と発しやす。以後お見知りおきを。趣味は自転車。ゲームに関するエッセイ、漫画など書いていきます。特にイースポ関連多めになります。その他、様々な随筆も思いついたら更新。フォロー、コメントお気軽に!励みになります!

#ゲーム 記事まとめ

noteに公開されているゲーム系の記事をこのマガジンにストックしていきます。PlayStation 4、Nintendo Switchなどのビデオゲーム、ソーシャルゲーム、ボードゲームなど。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。