グラグリッド初、採用活動スタート!

2017年の前半、押しかけるように小野・名古屋・和田とグラグリッドへやってきて、もう2年ちょっとが経ちました。

まずはグラフィックレコーディングなどのビジュアライズから業務に入り始め、サービスデザインを学びながら様々なプロジェクトを通じて、それぞれの持ち味が活かせる環境になっています。

昨年の終わり頃から、グラグリッドは組織として体力をつけるため、基盤づくりにかなりの時間を割きました。ようやく就業規則や評価の仕組みができ上がり、現在私たち自身を実験台としてプロトタイプを回しています。

ここ1年ほど、本当に悩ましかったのが、多様性をうたう自分たちの組織にその多様さが足りないこと。そしてグラグリッドの看板を背負って動けるスタッフが完全に足りていないことでした。

「じゃあ採用を!」と動き始めようにも、私たちにはそれぞれの間で培った信用と、基本的な雇用契約以外、組織的な基盤を持ち合わせていませんでした。

「インターンとかバイトじゃ間に合わないんだよねぇ……」
「うん、将来的な人材として見えるものもあると思うけど、今はフルコミットの人が欲しい」
「でもさ、まだ組織として成長していく時期だから、安定してるとは言いにくいし、気軽に声も掛けづらいよね」
「そこねぇ、私たちは勝手に”脱サラ♪”とか言いながら押しかけて来たからいいんだけど笑」
「一緒に働きませんか? って言うにしても、準備はいるよね」

そんな話をしながら、昨年末から急ピッチで組織基盤づくりを行いました。

私たちが入社してからの2年、積極的な営業活動は行わなかったものの、かなり数のお問い合わせをいただきました。この4月にもお問い合わせが急増し、2週間で20件ほどに登ったのは過去最大です。もう、問い合わせへの返答だけで4人がドタバタしていました。

もう長い間、人の少なさに困っていたのです。

グラグリッドはまだ小さな小船でしたが、その船をいよいよ大きくしていく準備が整いました。

船長には三澤が。乗組員には和田、名古屋、小野がいます。4月半ばからは、グラグリッドのもう1名の創設者である尾形が 福島から 戻り、バージョンアップした組織を俯瞰して見守っています。さながら機関長です。

この賑やかな小船を、中型船へリビルドしていくような心強いメンバーを募集します。
荒波にも耐えられるタフさ、海を見据える知見、ドタバタした小さな船の中で自分を発揮していくために積極的にコミュニケーションができる人を求めています。

「自分もこの組織づくりに関わろう、仕組みづくりから一緒にやろう!」

そう思いながらドアを叩いてくれる方を、5人一同心の底からお待ちしています!!

(なごや)

募集人材の詳細はこちらからご覧ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります!
20

グラグリッド編集部

共創型サービスデザイン会社 グラグリッドのnoteです。 サービスデザイン、創造的可視化ファシリテーション、日々の活動、に関する3つのマガジンを発信中! 今ないつながりを創り出す、考え方、生み出し方を日々トライしています。 ビジュアルファシリテーションチーム『BRUSH』も運営。

ぐらぐり君が行く~グラグリッド通信~【毎週水曜更新】

共創型サービスデザインファーム グラグリッドにつとめる栗、ぐらぐり君が語るレポートです。 サービスデザイナーの見ている世界、ちょっと変わった日常など、楽しくお届けします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。