高橋御山人

在野の神話伝説研究家。日本の「邪神」伝承考察と伝承地を探訪するWEBサイト「邪神大神宮」運営、神社対談オーディオブック「高橋御山人の百社巡礼」刊行、「月刊ムー」寄稿、他電子書籍、個人出版等、詳細はサイトにて。 http://jyashin.net
固定されたノート

奥多摩遭難記 其之壱

今回、1995年の遭難の場所と過程について、ごく簡単に記述しておこうと思う(当時ワープロで記録したはずだが、現在のPC上にデータは移されていなそうだ)。

この写真は、武蔵五日市の駅前にある、周辺観光地図を撮影したものである。この地図右下の「払沢の滝」。1995年の11月(確か文化の日だった)、18歳のとき、紅葉狩りのためにここを訪れた。しかし、時期か周囲の樹種の問題で、紅葉は見られなかった。ただ

もっとみる
不肖神主の私めが、貴殿に幸多からんこと、お祈り申し上げる。
16

天橋も長くもがも 高山も高くもがも 月読の持てる変若水 い取り来て君に奉りて 変若得しむもの

今流行りの(笑)万葉集より

#平成最後の満月 #ピンクムーン

不肖神主の私めが、貴殿に幸多からんこと、お祈り申し上げる。
6

肥後国風土記逸文 阿蘇山の描写

閼宗(あそ)の岳
 ・白緑の火口湖の美しさを七宝焼にたとえる
 ・火口湖の水が川に流れると魚が死ぬ
 ・様々な川の水源
 ・五岳の描写
 ・中岳は閼宗の神の宮

#阿蘇 #阿蘇山 #火山 #風土記

写真は阿蘇山と中岳の湯だまり(火口湖)

不肖神主の私めが、貴殿に幸多からんこと、お祈り申し上げる。
7

肥前国風土記メモ

古代五風土記の一書、現在の佐賀県・長崎県に当たる肥前国風土記を読み、印象に残った箇所のメモ。
今回も現代語訳に近くなってしまったが……まあとりあえず。

●総記
 ・崇神天皇の治世、肥後国益城郡朝来名の峰にいた土蜘蛛・打猴(うちさる)、頸猴が軍勢を率いて朝廷に従わなかった
 ・朝廷は肥君らの祖・健緒組(たけをくみ)を派遣し征伐
 ・健緒組がそのついでに国を巡検、八代郡白髪山に泊まった
 ・その晩、

もっとみる
不肖神主の私めが、貴殿に幸多からんこと、お祈り申し上げる。
7

大伴の裔なる巫女ぞ

夜の山間。ところどころ明りが点いている河原に、裸の男女が集っている。
年齢は比較的高齢だ。
その中に、同じ職場の、白髪交じりの五十代男性がいる。
会社では管理職で、私自身との関係は良好だ。

彼が何か注意事項等説明して、皆、静かに夜の川へと入って行く。
私も一緒に夜の川へ入った。

夜の川は冷たい。
夜の川を、ゆっくりと、歩いているのか泳いでいるのか分からないような感じで進んで行く。
川に流れは感

もっとみる
不肖神主の私めが、貴殿に幸多からんこと、お祈り申し上げる。
9