連載『オスカルな女たち』

《 騒がしいやつら 》・・・5


「とにかくそれ、処分したいんだよ」
「そうなんですか…?」
「そうなの。処分を、頼まれたの、」
 強く処分を強調する真実(まこと)。
「患者さんですか?」
「どうでもいいよ、そんなこと」
「ふ~ん。つまんない」
「つまる、つまる、つまってんだよこっちは~」
 こんなにも楓にイライラしたのは初めてだった。
「じゃ、引き取ります?」
「へ?」
「需要のある所に」
(需要…って…?)
 この際疑問は持たない方がいい。自分の視界から消えてくれるのなら、とにかくなんでもいい。
「なに、もらってくれんの? だって、持ってんじゃないの?」
「あたしじゃなくて。これは初心者用なので、初心者の子に…」
「いいや、説明は」
 つまり楓には、そういうお友達がいるということだ。余計なことを考えるよりも真実は、
「助かるよ」
 と、なにはともあれ「処分」できるのならそれに越したことはないと安堵する。
「こっちはどうします?」
言いながらポケットをまさぐる楓。
「こっち? まだ…?」
(他になんかあったか…?)
 不思議顔の真実の掌にゴルフボール大の小さいファーのようなものを乗せる楓。
「なにこれ、」
 先端から伸びているピンク色のコードのようなものを目で追うと、楓のナース服のポケットに繋がっているようだった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもお読みいただきありがとうございます とにかく今は、やり遂げることを目標にしています ご意見、ご感想などいただけましたら幸いです

またお会いできるよう頑張ります!
14

たゆ・たうひと

家族の食事を作ること、愛犬と昼寝、サスペンスの再放送を観ることが主です。『徒然なるままに…』ひとりごと、小説などを紹介させていただきます。『オスカルな女たち』まとめ読み始めました→https://note.mu/guerlain_325/m/m8b4a06634bcf

連載『オスカルな女たち』

アラフォー、第2の思春期と言われる世代の輝ける女たち。誰の中にもある孤独、悩みやジレンマ、女は皆オスカルのように何かしら秘密を持って生きている
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。