え、タワマン? 億ションとか不安要素しか思い浮かばないんですけど?

本当の恐怖は20年後…憧れのタワマンは「時限爆弾」
マンション管理士が警鐘(前編)
 

半ば趣味で簿記・会計をかじっているからか、いわゆる豪邸と呼ばれる規模の住宅やタワーマンションの購入が、一生の買い物というより「人生最大の博打」にしか思えなくなって何年経っただろう。

固定資産税に相続税、タワーマンションの場合はさらに維持管理費や修繕費が被さってくる。将来のことを考えると、不安要素しかない。にもかかわらず、なぜか増え続ける新築マンション。実際、広島でもあちらこちらでマンションの建設が着々と進んでいる。

……2桁はまだしも、戸数3桁とか将来大丈夫? 170戸とか、主に修繕費的な意味で。特にタワマン、大規模修繕はおおむね「12年周期」と言われているけど、2回目3回目を乗り切れる?

しかも、記事には

タワマンを売っている不動産業界の人は、これまで述べたような懸念がわかっているので、自分ではタワマンを買わない人が多いと聞いたことがあります。

なんて記述があるくらいなのだから、他人事とはいえさすがに心配になってしまう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

どもども ヾ(*ΦωΦ)ノ☆
3

haeretics@略称ヘレ

略称ヘレ。凡人。しかしてその実体は知識欲と好奇心の尖兵。紅茶とスタバが好き。ゲームも好き。独学で日商簿記1級に挑むも遅々として進まず、現在は範囲改訂後の2級にUターン中。2019年6月より解離性障害と双極性障害を引っさげて就活開始。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。