大規模修繕

え、タワマン? 億ションとか不安要素しか思い浮かばないんですけど?

本当の恐怖は20年後…憧れのタワマンは「時限爆弾」
マンション管理士が警鐘(前編) 

半ば趣味で簿記・会計をかじっているからか、いわゆる豪邸と呼ばれる規模の住宅やタワーマンションの購入が、一生の買い物というより「人生最大の博打」にしか思えなくなって何年経っただろう。

固定資産税に相続税、タワーマンションの場合はさらに維持管理費や修繕費が被さってくる。将来のことを考えると、不安要素しかない。にも

もっとみる

『勉強&お仕事と慌ただしい一日?!』毎日、全力疾走!?橋本ドンの「賃貸管理 生レポート」

橋本ドンの個人ブログ更新しました。
是非ご覧ください!

本日のblogは、横浜市マンション管理組合サポートセンター交流会の話を中心に今日一日の事を書き込んでいます。ちなみに分譲管理の運営管理は規模が大きくなればなるほどする事やかかる費用も大きいので、役員の皆さんのその責任やご苦労が大きく、私も相談員としてサポートさせて頂きつつ、自分自身も勉強をさせて頂いております。そんな中、本日は長期修繕計画の

もっとみる

小さきマンションの大規模修繕物語1

これからここに記録しておこうと思っているのは
築38年、自主管理中、小規模マンション管理組合で始まる、
ドタバタ大規模修繕工事の顛末です。

「都心の古いマンションあるある」が総出演するとおもわれ
いつか誰かが同じ目にあった時に
役に立ちつつ、笑って泣ける記録になることを目指します。

部屋は13戸。少ない…orz
半分はリノベ組で半分は昔から住んでる高齢世帯。
リノベ組は何だか似たもの同士、働き

もっとみる

あーさんのお気に入りの傘(3coin,s)の布の部分が壁に擦れて、穴が空いてしまいました。なので、うちにあったビニールテープで修繕、そのまま貼ると 安っぽいかとおもって、星とかを制作。うーん、これで大丈夫かな?

未来マンション 6

大規模修繕工事というマンションの定期行事みたいなものがある。
12年から15年の間に大規模な修繕を行う行事だ。
これって必要なんだろうか。
この12年から15年という漠然とした枠組みは、いつ
できたのか。
車検のように、検査して悪ければ直す、問題なければ直さないという流れでよい気がするのだが、、、。

明確なものが無いのに、年数のしばりだけが決められてる事に違和感を感じる。
ストック産業化している

もっとみる

未来マンション 5

マンションの管理会社業界の構造は、本当に不透明だ。
マンションは管理を買うと言われる事がある。
しかし、ウキウキした気持ちでマンションを買うときに、考えることは部屋の広さ、価格、間取り、立地が優先される気がする。
管理って重要ですよと説明しない方も悪いし、そこに無頓着になりすぎる買う側も悪い。
売る側がマイナスな面を伝えるはずないか。

それが、今の不透明さを生んでいるのだと思う。

日々の管理と

もっとみる

未来マンション 4

建設業の人材不足が顕著になってきた。
それは、作業員さんはもちろん、監督もだ。
3Kという言葉がある。[危険、汚い、きつい]
なるほど。
さらに最近では[給与がやすい、休暇が少ない、カッコ悪い]これがプラスされているらしい。
自分たちの意識で十分変えられるものもあると思う。
作業員さん、いや職人さんと呼ぶべきだろうか。
本当にかっこいい。実直に建物と向き合っている姿は、輝いている。
自分たち自身も

もっとみる

未来マンション 3

マンションには、修繕工事というイベントがついて回る。
しかし、マンションの外側(共用部)を自分達のものだと考える発想に至らない。
日頃から、バルコニーや廊下などに目を向けてあげると小さな変化を感じる事ができる。
その積み重ねが資産を長期的に守ることに繋がる。

そうすれば、毎月自動的に引き落とされてたまっていく修繕積み立て金の考え方も変わってくる。

いざ工事しようと言うときに足りない場合、工事範

もっとみる