見出し画像

【詰将棋】貧帰不詰について

詰将棋を作る時、作意手順以外の進行図が不詰かどうかを判定しなければいけません。詰方が純粋に貧して同じ盤面に帰ってくることを「再貧不詰」と勝手に呼んでいましたが、意味合いが伝わりやすいように「貧帰不詰」と呼び直そうと考えています。

貧帰不詰を考えるのは、下図(玉方:2一歩・1二玉、詰方:1四歩<持駒:金銀>)のような戦力の過不足がない詰将棋の中の王手を対象とします。

貧帰不詰の特徴は、貧帰手(直前に打った/指した駒を玉が逃げる前のマス目に捨てる手)は検討せずとも不詰として扱っても良いというものです。言い方を変えれば4手かけて詰方が純損するやりとりで、例えば上の図で言うと▲1三金▽1一玉に▲1二金(貧帰手)▽同玉(=下図)がそれに当たります。簡単な図なら考えるまでもないのですが、候補手がたくさんあったり、難しい図の場合は貧帰不詰として1手分考える労力を省くことができるでしょう。

仮に、貧帰手を指した後に詰みがある場合は戦力過多となりますので、詰将棋として成立しないか、あるいは余分な駒が配置されているものと判断できます。今のところその反例を見たことが無いのであったら教えてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

手書き毛筆欧文フォントを手作りするはる筆線屋と申します。フォント作成以外には、自分の感性を切り口にした様々なエッセイを書いています。「面白い見方だな」と思って頂けたらサポートをお願いいたします。それを糧に、エッセイをまた書かせていただきます!

( 'ω' ).。oO(恐れ入ります...

はる筆線屋

手書き毛筆欧文フォント&Tシャツ作りをしている ”はる筆線屋” と申します。こんにちわ。 他には、自分の感性と知見を切り口にした哲学や科学、コーヒー、 答えのない問題などのジャンルについて綴ったエッセイと、 あと詩的なことも書いたりします。お手柔らかにお願いいたします。

個人的にふつうの詰将棋

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。