見出し画像

第012話 始まり


「もって一年でしょう……」
「そんな! この子はまだ八つなのよ! お願いします! なんでもしますからっ!!」



――……ママ? ……ママ!

「ママッ!」

 いつの間に寝てしまっていたのだろう。私はパソコンの前で飛び起きた。横を見ると怒った顔をした息子……アキトがいる。

「ごめんね。お母さん、またここで寝ちゃってたわね。ご飯、今用意するから」

 私は笑顔を作り、アキトの頭を撫でた。満足したのかお腹減ったと一言残してリビングへ走っていく。私も立ち上がり伸びをしてリビングへ向かった。

「おはよう、フィリップ。あなたもこっちに来ていたのね」

 夫であるフィリップがダイニングテーブルの上でパソコンを触っていた手を止め、私に笑みを向ける。隣にはアキトが座り、フィリップのパソコンの画面を覗き込んでいた。

「おはよう、サキ。勿論、アキトのいるここが一番だからね。そのための世界。そうだろう?」
「……そうね。今、朝食を用意するから待ってて」

 平和な日常。幸福な家庭。
 私は少し前までこの生活に満足していた。

「ママ、僕も手伝うよ。目玉焼きくらいなら出来るから」
「そうね。お願いするわね」

 アキトは来月で10歳になる。アキトが亡くなってから1年経ったのだ。
 じゃあ、この子は誰?
 この子は私が作ったアキトのクローン。アキトの意志を引き継ぎ、ここネオガイアで暮らしている。

 アキトであってアキトじゃない。
 だけどアキトなのだ。
 全てのデータをこのアキトが引き継いだのだから……。

 でも……死んだあの子はどうなるの?
 あの子がいなかったことになってしまうような気がして、私はこの現実が分からなくなってしまった。

 フィリップは喜んでくれている。亡くなったアキトと同じように、ここで目玉焼きを作っているアキトも愛してくれた。これでいいのかもしれないとも思った。

 だけどフィリップは、アキトのためにもう一つのネオガイアを作ろうとしている。何故なら
今のネオガイアは現実と仮想世界を行き来している人たちだから。もしも、アキトが自分の存在に気が付いてしまったら?
 それは考えただけでも恐ろしい。
 アキトはここでしか生きられない。ならば現実と同じような世界を作ってあげればいい。

 現実世界をコピーした並行世界。
 私たちが求める理想のクローン。

 クローンデータなので本物ではない。だけど本物と同じように意志がある。生きているのと等しいのだ。違うと言えば、私たちに操作されるということだろう……。

 私はとても恐ろしくなってしまった。これはきっと自然の摂理に反している。
 それなのに私は見て見ぬふりをして、フィリップと共に着々とその計画を進めていた。それは私もアキトを愛しているから。アキトには幸せになってほしい。アキトのためならなんでもしてあげたかった。

「わぁ、殻入っちゃった。どうしたらいい?」
「そういう場合は、箸を使って取ったらいいのよ」
「え~、箸は使いにくい。スプーンじゃだめ?」
「そうやって使うことを諦めるからいつまでたっても使えないのよ。ほら、前より使えるようになってるじゃない。上手上手」

 アキトは日に日に成長している。
 だって彼はここ(ネオガイア)で生きているのだから。

 もう一つの真のネオガイア。私たちはネオガイアZEROと呼んでいる。
 ネオガイアZEROを完成させるためにはクローンデータが多く必要だ。そのデータを取得するためには……。

「ママ? 頭痛いの?」
「ううん、大丈夫よ。さ、ご飯にしましょう」

 私はいつもの日常をいつものように過ごす。
 だけど、心の中はいつも靄がかかったままだ。

 フィリップとアキトを見送り、私はパソコンの前に座りプログラムを打ち続けた。これは私に残っている唯一の人間の心。それに私は全てを委ねることにしたのだ。

 とあるシステムを作った私は、二通のメールを送信した。



始めまして。
私はG社の研究員です。
そうですね、S.S.と書いてエスツーと呼んでください。

エピト様とハチピ様に同内容のメールをお送りしております。

アバターとワールドデータを添付いたしました。
以下のURLよりダウンロードしてください。
daf;lskajg;airutiae

このデータで、G社の計画を阻止してほしいのです。
まずはお送りしたアバターを使い、用意されたワールドに行って下さい。
そこで次の指令を送ります。

では、宜しくお願い致します。




 お願い。
 私たちを止めて……。




サウンドノベル sound novel

後日追加予定

※実際の配信はSHOWROOMでご覧いただけます。
よかったらフォローお願いします!!
エピトROOM:https://www.showroom-live.com/ept_80
ハチピROOM:https://www.showroom-live.com/hachipi_HB

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

エピトとハチピをサポートしませんか?

感謝を込めて僕からもンンンンマッ笑 byエピト
13

ハピバト!バーチャルエンターテイナー

主にSHOWROOMで配信を行う二人の青年「水木瑛斗(みずきえいと)通称エピト」と「鈴山八広(すずやまやひろ)通称ハチピ」が、一度は諦めた音楽の夢を仮想世界でバーチャルエンターテイナーになるべく再挑戦する、視聴者参加型のセミノンフィクションです。 ※運営様より許可を得て掲載中!

Virtual Life

バーチャルとリアルの行方
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。