ニー哲コミック版本日発売です!!!それに伴ったエッセイ〜それを人は「リスクヘッジ松」と呼ぶ〜


ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。のコミック版が本日発売となりました!!!! 

大型展開してくださっている書店さんもあり(写真はふたば書房京都駅八条口店さま)感激です!!!!みなさまお近くの書店さんでぜひお手に取ってみてくださいませ!


そして小学館P+Dmagazineさんで著者インタビューが掲載されています。

インタビューで座右の銘はなんですか?という質問があり「好事、魔多しと窮鼠猫を噛む、です」と答えました。私は深く考えるタイプなのであとあとになり「あー!あの時の自分の算段が甘かったなぁ……」と後悔することがなによりも嫌です。

算段が甘かった自分の愚かさというか、ぬるい考えをしていたことが本当に嫌になるからです。楽観的に見通していた自分の甘さが恥ずかしい、という感覚はみなさまにはありますでしょうか?

映画とかドラマでよく敵を窮地に追い込んで、とどめは刺さず生かすシーンがありますが、その逆ですね。笑 「こうしてこうすれば完璧じゃん!!」という楽観的な考え方がいつもすぐに浮かぶのですが、そこから練って練って死角を無くさないと気がすまないのです。

こういった性格を揶揄されて、友達は私のことを「リスクヘッジ松」と呼びます。 リスクヘッジ松、いい言葉でしょ。ぜひ使ってみてください。そしてコミック版のニーチェも全国の書店さんでぜひお手に取ってみてくださいね。


■366日。日めくりで哲学者の教えと出会う

「まいにち哲学」


■第五回京都本大賞受賞。一度きりの人生について考える、哲学エンタテイメント小説 

「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」

コミック版はこちらから

試し読み


■オンラインサロン

DMMラウンジ「この哲学がスゴい!」





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

原田まりる

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。