浜田 綾

ライター、編集者。企業で10年ビジネス文書の作成→2017年開業、屋号は「コトバノ」。 箕輪編集室 の電子書籍『嫌われ者たちのリレー式コンテンツ会議』編集リーダー、 前田デザイン室 『マエボン』『NASU本 前田高志のデザイン』編集長。日本一のオンラインサロン編集者を目指す。

体当たりの人生

はあちゅうさんの「準備不足の人生」というエッセイが大好きです。そういえば、この記事無料公開されているようです。

すごくよくわかる。
私の場合、完全に準備不足だけどやりたいと感じたら当たって砕ける「体当たりの人生」です。何か頑張ったなとか、うまくいったなと後から感じる時は、いつだって準備不足からの体当たり。

箕輪編集室で電子書籍作ったのも、運営をやらせてもらったのも、前田デザイン室で運営やって、

もっとみる

やりたいことが見つかっていない社会人1年目の全ての人へ。

最初に言っておくと私の就職活動の話は、びっくりするくらいにその場しのぎで短絡的です。

就職を考えた時、最初は教員になろうとしていました。
父に勧められたことと、高校時代が楽しくて、よい先生との出会いが多かったから。大学は史学科だったし、世界史の先生になろうと思い教職の単位をコツコツ取っていました。でも当時から絵に描いたうっかりな私は、教育実習に行くための単位を取り逃がします。試験で単位を落とした

もっとみる

【制作過程公開】『NASU本 前田高志のデザイン』制作者たちの裏側 第25回(1) 浜田綾

オンラインサロン「前田デザイン室」で日夜制作が進められてきた『NASU本 前田高志のデザイン』、通称「NASU本(ナスボン)」。このnoteは、その制作に携わったクリエイターたちの活動の記録を、前田デザイン室公式noteのマガジンに集約していく形で公開する連載企画です!

これまでのマガジンはこちらから読むことができます。

第25回は、14期クリエイターの浜田綾がお届けします。

(意図的にいい

もっとみる

私の「コミュニティ運営の1年間」全て

はじめてオンラインサロンに入ったのは、4年くらい前。仕事と育児のかたわら趣味で始めたブログですが、もっと上手になりたいのでブログを書くコミュニティに入りました。ブログ運営にはワードプレスの設定やWEBデザインの領域もあるし、SEOのテクニックもある。だけど私が一番好きなのはただ「書く」ことだと気づいたので、このコミュニティに在籍しているときにライターになりました。

ライターの仕事をしているうちに

もっとみる

マエボン全ページ解説その10、ダサTは前デismの具現化である

オンラインサロン前田デザイン室が作った初めての雑誌『マエボン』が2018年9月29日に発売しました。私は編集長として、全ページを解説する企画に挑戦していまし「た」。

ちょうどこの頃クラウドファンディングの最中だったので、少しでもマエボンの中身を知って欲しかったんです。

が、

(※浜田は最近集中線の使い方を覚えました。)

たったの9記事で途絶える意志の弱さ。お恥ずかしい。

マエボンのクラウ

もっとみる

日本一オンラインサロンを使い倒してる男と共に登壇します。

来年はもっともっとオンラインサロンを使い倒すと決めている女、浜田綾です。

「箕輪編集室」「前田デザイン室」という2大超イケてるオンラインサロンの運営をしているので、「オンラインサロン運営の人」という認知の方がされているかもしれませんが、職業はライター・編集者です。

今回、イケてる書店BOOK LAB TOKYOさんで、前田デザイン室が作った雑誌『マエボン』刊行記念トークイベントをやらせてもらい

もっとみる