ききまつがい

ききまつがい

聞き間違いをすることがある。それは普段の会話に留まらず、ある曲においても例外なく聞き間違える。ききまつがい。そしてある日突然、ふとしたきっかけで、その歌詞や描くイメージの認識は訂正を余儀なくされる。

*8月の小さな冗談と真夏のもういい塩梅(8月の小さな冗談と真夏の重い病)
→8月は少しの冗談が許されるくらいには暑くて、許容される冗談の範囲はその暑さに比例して熱を含む。その比率、みなまで言わす

もっとみる

初笑い。
夫「ほら、しょうがないやつだし」
私「誰が?」
夫「…え?」
私「え?」

夫の手には「聖護院八つ橋」

なんか。海見みみみさんのショートショート見たいで大笑いなのでしたw

マジっすか!
20