研究ノート0.4

2019/06/25

研究ノートが今になって何を綴ったらいいのかわからなくなってきた。
とりあえず先週一週間の進捗報告と気付いた点。

6月18日からp5jsを抵抗なく毎日触る週間をつけるため、先生とスプレッドシートでドリルを作った。それの記録としてDropBox paperにも、自分の取り組んだことや感じたことを一緒につけていくことにした。

実際にコードを毎日書くことに取り組んでいる途中で、

もっとみる

未来のロゴデザイン

未来のロゴデザイン
ロゴ創りには、アートの「センス」や「知識」が少なからず必要だと僕は考えています。
〇〇を象徴した…
〇〇を表現した…

という言葉がコンセプトに含まれ事が多いと思うが、まさにそこにアートと共通するクリエイティブがあるんです。

たとえ頭文字を使ったロゴであっても、その中にはクライアント企業の理念や未来へのビジョンが込められています。

となると、必然的に「頭文字に見える抽象ロゴ

もっとみる

ツイートするだけで T-Shirt が作れる仕組み

SUZURI API と Twitter API を用いて、画像をツイートしたら自動で T-Shirt が作れる仕組みを作っています。
その名も satma(Suzuri Api T-shirt MAker)!
勉強も兼ねて Go言語(以降 Golang)で書いてみました。

SUZURI の Tシャツ

SUZURI はオリジナルグッズを手軽に作成・販売できるサイトで、私も自分のクリエイティブ・

もっとみる

3D の球面を模様で彩るには?

今回は Processing で球面上に模様を描いてみます。

この記事を書こうと思ったきっかけは Rui ChenーUIDesigner(@kimforever2008)さんのこのツイートです。

アジサイの花びらの模様がとっても綺麗ですね!
ツイートの中で『球体できないですかね』とおっしゃってます。これはいいお題が出ました!

球面を描くには

まず、今回 2D ではなく 3D での描画を行

もっとみる

研究ノート01 + 思考記録01

2019/05/23

 研究ノート、思考記録ともに第1回目だ。
第1回って始まりの第一歩だからか特別な感じがする。

今日のこと

 本日 ニューメディア研究ゼミ、7回目の授業にて。
自由に時間を使えるので自分のやりたいことをした。

自分が授業中にやったこと
・本のパラ読み(石黒浩の本)
・MacBookとiPhoneに名前をつける
・ネットサーフィン(研究についての調べ物、個人的な調べ物

もっとみる

言葉の思考記録 00

2019/05/22

 私の所属するニューメディアゼミが先週からようやく本格的に始まった。

「自分の身の回りのことや、観たもの等の感想や印象、イメージを自分の中で言葉にして、それをコーディング等で抽象化して表現する」

私の研究テーマはこれだ。

このnoteは私がどういう理由でこの研究テーマに決めたのかを説明するためにまとめたものである。

(研究ノートと別に言葉の思考記録をつけていこうと

もっとみる

趣味としてのクリエイティブ・コーディング:103:y軸が逆!に慣れよう

趣味としてのクリエイティブ・コーディング 座標編、p5.js や Processing での座標に慣れるため、今回は演習をしていきましょう。

演習のコードは p5.js で、実行は Web 上で簡単に実行できる OpenProcessing を使いたいと思います。

OpenProcessing の使い方は前回の記事を参照ください。
趣味としてのクリエイティブ・コーディング:102:OpenPr

もっとみる

日記 酔拳の真似はしない方がいい

2019/05/21

 先週、近所のゲオから映画を三本借りてきて観た。

・ドランクモンキー 酔拳
・五福星
・キャノンボール

 3本とも1980年前後の香港映画だ。(キャノンボールは共同作)
元々「プロジェクトA」が好きなため、久々に似た空気の映画が観たくなり結果こうなった。

すごくジャッキーチェンとすげえサモハンキンポー

 感想を続けると、この話で日記が終わる文量になるため今回は断念す

もっとみる

Pepabo Maker Festival Kagoshima 1st に出展して幸せいっぱい夢いっぱい!

GMOペパボ株式会社さん主催イベント『Pepabo Maker Festival Kagoshima 1st』にクリエイティブ・コーディング作品を出展してきました。

Pepabo Maker Festival とは?

Pepabo Maker Festival は元来ペパボさん社内の有志の方による作品展示会ですが、今回はペパボさんの鹿児島オフィス開設記念で社外の人の展示や観覧を可能にしてくださ

もっとみる