ザカセットテープミュージック

今夜再放送の第5回「輝く!日本カセットテープ大賞」を楽しむための“脚注”

今夜、6月15日深夜放送のBS12 トゥエルビ「ザ・カセットテープ・ミュージック」は、第5回「輝く!日本カセットテープ大賞」(2017年12月1日深夜に初回放送)を再放送。年末恒例の国民的音楽番組をオマージュした、略して「カセ大」。 「転調」「メタアイドル」「12月の歌詞」といった、番組ならではの文言が飛び交う回を楽しむためのワード解説を、書籍「カセットテープ少年時代」(好評発売中!)掲載の“脚注

もっとみる

第1回「A面に入れたいサザンの名曲」より、「思い過ごしも恋のうち」(サザンオールスターズ 1979年)

本日6月8日深夜の「ザ・カセットテープ・ミュージック」は、第18回「再びの初期サザン特集」。これにちなみ、今回は、第1回放送より、「思い過ごしも恋のうち」にまつわるトークを紹介する。このテーマでは、サザンオールスターズの演奏力の高さに二人は言及した。

♪「思い過ごしも恋のうち」
(1コーラスが終了し)
スージー鈴木:思わず体が乗りますね。
マキタスポーツ:テクニカル!
スージー鈴木:これも197

もっとみる

第12回「春の名曲フェア~マキタの春~」より、「時には娼婦のように」(黒沢年男)

「ザ・カセットテープ・ミュージック」のトーク書籍化「カセットテープ少年時代 80年代歌謡曲解放区」が、6月1日発売に。今夜は、この6月2日(土)にマキタスポーツ&スージー鈴木出演の発売記念トークイベントが東京・HMV&BOOKS SHIBUYAで行われることにちなみ、マキタスポーツセレクト回のトークも紹介。第12回「春の名曲フェア~マキタの春~」で選曲されたのは、マキタスポーツならではの視点が詰ま

もっとみる

第11回「春の名曲フェア~スージーの春~」より、竹内まりや「不思議なピーチパイ」

BS12 トゥエルビ「ザ・カセットテープ・ミュージック」のトーク書籍化「カセットテープ少年時代 80年代歌謡曲解放区」が、本日6月1日、ついに発売! そんな中、今夜6月1日(金)深夜放送の「山下達郎特集」にもちなんで、3月2日深夜放送の第11回「春の名曲フェア~スージーの春~」から、竹内まりや「不思議なピーチパイ」のトークを紹介。80年代化粧品タイアップソングの名曲からスージー鈴木がセレクトした。

もっとみる

「カセットテープ少年時代 80年代歌謡曲解放区」6/1(金)発売! 6/2(土)書店イベント詳細決定!!

BS12トゥエルビ「ザ・カセットテープ・ミュージック」(金曜深夜2時放送中)の書籍化「カセットテープ少年時代 80年代歌謡曲解放区」を、2018年6月1日(金)、KADOKAWAが刊行する。ミュージシャン・俳優・芸人とマルチに活躍するマキタスポーツと、気鋭の音楽評論家スージー鈴木の「音楽ずきおじさん」コンビが、80年代歌謡曲を熱く濃厚に語ったトークから、10章をセレクトしてパッケージ。マキタ&スー

もっとみる

第9回「沢田研二特集」より、「TOKIO」(1980年)

「ザ・カセットテープ・ミュージック」#9(2018年2月2日放送)は、スージー鈴木持ち込み企画「沢田研二(ジュリー)特集」。ジュリーを「いちばん好きな歌手」と宣言するスージー鈴木がセレクトした曲は、A面「TOKIO」「晴れのちBLUE BOY」「渚のラブレター」、“自信作”のB面「THE VANITY FACTORY」「ジャストフィット」「いくつかの場面」。「沢田研二」という舞台で若き才能が次々に

もっとみる
6

第8回「チェッカーズ特集」より、「ジュリアに傷心(ハートブレイク)」(1985年)

「ザ・カセットテープ・ミュージック」#8(2018年1月12日放送)は、メンバーの出身高校を福岡に訪ねたというほどのチェッカーズフリーク、スージー鈴木セレクトによる「チェッカーズ特集」。A面「初期チェッカーズ名曲」トラック2は、チェッカーズの最大ヒットシングル「ジュリアに傷心」が選曲された。

スージー鈴木:じゃあ前菜が終わりましたんで(1曲目は1983年のデビュー曲「ギザギザハートの子守唄」)、

もっとみる

第7回「新春・佐野元春スペシャル」より「アンジェリーナ」「COMPLICATION SHAKEDOWN」

note連載今回は、第7回「新春・佐野元春スペシャル」(2018年1月5日深夜放送)のトークを紹介する。この日はマキタスポーツ&スージー鈴木に、元アイドリング!!!・倉田瑠夏(るかぴーや)が加わっていた。

♪「アンジェリーナ」
スージー鈴木:(楽曲の華やかさを讃えて)いやぁ、新年が始まりました、2018年!
マキタスポーツ:(賛同して)あけましておめでとうございまーす! イントロのフェイザー、フ

もっとみる

第6回「カセットテープ紅白歌合戦」から、「Woman"Wの悲劇"より」(薬師丸ひろ子)

「ザ・カセットテープ・ミュージック」5月4日(金)深夜放送は、第15回「松任谷由実特集」。“満を持して”と番組が謳うとおり、MCのマキタスポーツもスージー鈴木も大好きな松任谷由実をついに取り上げる。

今回のセレクトはスージー鈴木。ユーミンの楽曲の中から、「コード」と「メロディー」に注目して6曲をピックアップ。用意されたピアノを奏でてのコード解説を入れながら、思い入れたっぷりに語り尽くす。

「松

もっとみる

第5回「輝く!日本カセットテープ大賞」より、最優秀メタアイドル賞「なんてったってアイドル」(小泉今日子)

「ザ・カセットテープ・ミュージック」#5(2017年12月1日放送)。第5回は、マキタスポーツとスージー鈴木が、80年代を中心とした名曲にいろいろな賞を授与し、表彰する「輝く!日本カセットテープ大賞」を開催。マキタスポーツは、「最優秀メタアイドル賞」を小泉今日子に授与。シングル「なんてったってアイドル」(小泉今日子)を紹介した。

マキタスポーツ:続いてまいりたいと思います。私が選んだのは「最優秀

もっとみる