"a plan named overlap #5"
国境、言語、ジャンル、レーベルを超えて制作される日・タイのアーティストを集めたオムニバス音源、第5弾、始動。

バンコクでインディーズのライブが見れる場所まとめ

誤解を恐れずに言ってしまうと、タイにライブハウスはありません。

これだけでは今回の記事が一文で終わってしまうので、もうちょっと付け足すと、タイに日本式ライブハウスはありません。なので、「バンコクのライブハウスまとめ」という題名でなく、「バンコクでインディーズのライブが見れる場所まとめ」としました。

ライブハウス(Wikipedia)
ライブハウス(和製英語: live-house)は、ロックや

もっとみる

バンコクでインディーズ音源を扱っているCDショップまとめ

世界的な潮流として、CDが以前よりも売れなくなってきているようですが、タイでも御多分に漏れず、CDが売れなくなってきていると聞きます。

そんななか、タイのインディーズシーンはというと、依然としてCDフォーマットでのリリースも盛んです。近年はiTuneなどでデジタルフォーマットで併売することも増えてきました。
タイの音楽フェスなんかでは、「一日で1,000枚以上売れた」なんていうバンドもいるくらい

もっとみる

タイのインディーズシーン ~まだまだひしめいているタイのインディーズアーティスト編~

3~4年前、とあるWeb TVで2ヶ月間の帯番組をもたせていただき、タイのインディーズバンド・アーティスト全80組を紹介させてもらったことがありました。

ちょっと前のセレクトなので、活動をやめてしまっていたり、今はあまり活動していなかったりするバンド・アーティストも含まれています。また、この3~4年で多くの良質なタイインディーズ音楽が生まれ続けているのですが、そういったバンド・アーティストもはい

もっとみる

タイのアートカルチャー誌「happening mag」による日本ロケでのフォトブック企画

タイの有名アートカルチャー誌「happening mag」。
今号のhappening magは「Eyes on Japan」と題して、5組のタイ人写真家が日本各地5ヶ所のロケーションで撮った写真をメインに、フォトブックのような形でまとめられています。

他にも、バンコクの美術館「bacc」での展示会が予定されていたり、2組の写真家については別冊でのフォトブック出版が予定されていたり、と、タイの方

もっとみる

タイのインディーズシーン ~タイで音楽活動する日本人 & タイでライブしたことある日本人編~

3~4年前、とあるWeb TVで2ヶ月間の帯番組をもたせていただき、タイのインディーズバンド・アーティスト全80組を紹介させてもらったことがありました。

ちょっと前のセレクトなので、活動をやめてしまっていたり、今はあまり活動していなかったりするバンド・アーティストも含まれています。また、この3~4年で多くの良質なタイインディーズ音楽が生まれ続けているのですが、そういったバンド・アーティストもはい

もっとみる

タイのインディーズシーン ~ロック、パンク、ハードコア編~

3~4年前、とあるWeb TVで2ヶ月間の帯番組をもたせていただき、タイのインディーズバンド・アーティスト全80組を紹介させてもらったことがありました。

ちょっと前のセレクトなので、活動をやめてしまっていたり、今はあまり活動していなかったりするバンド・アーティストも含まれています。また、この3~4年で多くの良質なタイインディーズ音楽が生まれ続けているのですが、そういったバンド・アーティストもはい

もっとみる

タイのインディーズシーン ~ポストロック、シューゲーザー、オルタナティブ編~

3~4年前、とあるWeb TVで2ヶ月間の帯番組をもたせていただき、タイのインディーズバンド・アーティスト全80組を紹介させてもらったことがありました。

ちょっと前のセレクトなので、活動をやめてしまっていたり、今はあまり活動していなかったりするバンド・アーティストも含まれています。また、この3~4年で多くの良質なタイインディーズ音楽が生まれ続けているのですが、そういったバンド・アーティストもはい

もっとみる

2016年に巷を賑やかしそうなタイインディーズバンド 7選

ここ数年、盛り上がりをみせるタイインディーズシーンのなかでも、特に今年注目を集めそうなバンドを予想してみました。

日本でもそうですが、話題になるバンドはなんらかのきっかけがあるものでして、ここタイにおいても、その大きなきっかけとなる出来事の一つは「アルバムリリース」となります。

ということで、「アルバムリリース」というキーワードを軸に予想してみました。希望的観測も多く含んでいますが、半分くらい

もっとみる