ドレイク

「コントロールできるものをやれ。」

今西聖貴、森岡毅共著・「確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力」を読んだ。

今ではディズニーランドと並び日本トップクラスの人気を誇るユニバーサルスタジオジャパン。

ただ、約10年前の2010年辺りまでは集客に伸び悩み

2009年は開園以来最低レベルの来場者数を記録した。

そんなドン底な状況から一気にV字回復させた勝因を創ったのがこの二人の著者。

そしてこの二人がどん

もっとみる

POPミュージックのゴシップ

たまたま気に入った音楽を見てたらプリヤンカの旦那ニックのグループ?の曲suckerだったのですが、びっくり、プリヤンカがMVに出てきたー!

ところで、プリヤンカ・チョプラという名前をご存知ですか?Bollywoodからアメリカに進出してインドでは知らない人はいないスーパー女優。2500万人以上のTwitter followerがいる。インスタは4300万以上、日本の人口のほぼ1/3。インドパワー

もっとみる

現世で稼ぎすぎたから、来世にお金を持っていきたいドレイクとリック・ロスを読む。(Drake - "Money in the Grave" feat. Rick Ross)

Writer:@raq_reezy

今回は、ドレイクとリック・ロスによる「Money in the Grave」を解読したいと思います。

ドレイクは、言わずと知れたスーパースターであり、OVOというレーベルのオーナーでもあります。一方のリック・ロスも、人気のラッパーでありつつ、Maybach Music Groupというレーベルの経営者です。

この曲は、ミュージシャンとしても経営者としても稼

もっとみる

ヒップホップが分からないので、とりあえずドレイクなどを聴いてる。

音楽を全く聴かない人間な自分が最近Spotifyでいろいろ音楽を聴きだしたので、それについて思うこと感じたことをダラダラ取り止めもなく書きます。もしかしたら間違ってるかもしれません。あと山無しオチ無し意味無しです。

ここんところヒップホップのドレイク?を聴いてるのです。いま一番海外では人気なヒップホップの人みたいなので、社会勉強的な意識で。またヒップホップというものがサッパリ分からないので。

もっとみる

ビーフを経て、再び手を組んだミーク・ミルとドレイクのコラボを堪能する(Meek Mill - "Going Bad" feat. Drake)

writer:@raq_reezy

少し前ですが、ミーク・ミルのアルバム『Championships』に収録されてヒット曲になっていた「Going Bad feat. Drake」のミュージックビデオが公開されましたね。

熾烈なビーフを経たミーク・ミルとドレイク

ミーク・ミルとドレイクといえば、ドレイクがゴーストライターを雇っていることをミークがツイッターで揶揄したことでビーフに発展。201

もっとみる

「量は質に勝る」ドレイクさんに学ぶ〜サイコパスになれたら日誌2018年12月23日〜

このご時世。

音楽好きには、たまらない時代である。

いろいろある娯楽のなかで、最も(こういう言い方好きじゃないけど)コスパが良いのは音楽だろう。

今や誰もがスマホ越しで楽しめるし、世界中のあらゆる音楽は月に1000円ぐらい払えばどこでも誰でもどんなアーティストでも聞ける。

apple musicやspotifyといったストリーミング・サービスを通じて、メジャーマイナー問わず聴ける。

もっとみる

裏切りやインターネットに消耗するドレイクの気持ちを読む。(Drake - "Emotionless")

Writer:@raq_reezy

マイケル・ジャクソンを客演にクレジットした楽曲があったり、25曲入りだったりということで、様々な切り口で話題になっている、ドレイクの最新アルバム『The Scorpion』。

Apple Musicではリリース初日に1億回を超える再生回数を記録して、Apple Musicの1日における最高ストリーミング回数の記録を塗り替えました。Spotifyでもリリースか

もっとみる