バーチャルジャニーズ

バーチャル

バーチャルジャニーズ。最初こそ「ハンサムな人達がさらに輝こうと切磋琢磨している姿を応援しているのであって、バーチャルになったら元も子もない」と批判したものです。なにわ男子を推していることもありなんとなく見始めたのですが、始まってみれば批判を一度でも口にしたことを全力土下座で謝罪したいくらいにハマっています。

苺谷星空くん
海堂飛鳥くん

配信が始まって2ヶ月。彼らのお陰で毎日がとても楽しいのです

もっとみる

もはや日常となりつつあり(2019年2月個人的バ蠱毒まとめ)

ハロー。さいたまにすとだよ。
2月もあっという間に終わってしまったけど、皆さんインフルエンザとか花粉症とか大丈夫ですか?
俺は花粉症の症状が出てきたけど、職場の同僚の人が所構わずデカいくしゃみを連発したりすごく辛そうなので、鼻水が垂れて目がかゆい程度の自分は辛いと言いづらいふいんき。

1月に調査した皆さんの活動状況について

すいません。あの後、全く手が回りませんでした。
あれから数人引退者が出

もっとみる

【わかってきたぞ】バーチャル蠱毒に関する備忘録21【悟り・気づき】

おれだ。21日にやったばかりだが、溜まったので取り急ぎやる。なにしろ猫舌SHOWROOMのあれがあったのだ。前回を早めにやっておいて助かった。VジャニマツリでSHOWROOM新来者はドバッと増えており、蠱毒の情報を求めてこの記事を読みに来る探索者もいるかも知れない。なんかの役に立てば嬉しいが、我ながら胡乱なので気をつけろ。ジャニーズ海に詳しくはないが、あっちもヤバい蠱毒壺だと聞く。この世は苦海だ。

もっとみる

バーチャルジャニーズの革命 - 勃興するVRライブ市場とエンタメの未来

こんにちは!KMNZなどのVTuberをプロデュースしている会社「Ficty」共同創業者・プロデューサーのninoといいます。

今週デビューを果たして話題となっている「バーチャルジャニーズ」。この「バーチャルアイドル」が今後どのような展開を見せるのか、VTuber業界側にいる人間として考察してみたいと思います。

VR/VTuberファンのみならず、あまりそういう方面に馴染みがなかったジャニーズ

もっとみる

【わかってきたぞ】バーチャル蠱毒に関する備忘録20【悟り・気づき】

おれだ。19日にやったばかりだが、溜まったので取り急ぎやる。なにしろバーチャルジャニーズのあれがあったのだ。今夜は猫舌SHOWROOMもある。あまり溜めるとヤバいし、おれが読み返すときに混乱する。もう既にいろいろケオスだが気にするな。記事の文字数は2500から3000ぐらいにしている。この前書き部分は200字だ。noteやTwitterで表示されるのは冒頭部分だけなので、そういうテクが必要になる。

もっとみる

【わかってきたぞ】バーチャル蠱毒に関する備忘録19【悟り・気づき】

おれだ。溜まったのでやる。星集めにSHOWROOM海をクロールしていると、アイドルやV存在ばかりでなく、リアル中学生とかが顔出し配信していてビビる。21世紀生まれの連中は配信ネイティブだ。価値観も文化も違って当然だ。おれは配信など文字媒体で充分だ。これはこれでVのガワを被っている。星を投げるとアバターが貰えたりもするが、どの部屋でどんなアバターが配布されているかはよくわからん。今はシシマイでいい。

もっとみる