デマンドナイト

僕はバンドをやっている。
高校生までは楽器の演奏とは縁がなかったが、のちのバンドメンバーがコピーバンドをやっているのを見て自分もと思い大学生からドラムをはじめてもう10年以上になる(その辺の話はまた別の機会に)。
演奏の実力は大したものではないが、才能あるメンバー、いや友達に恵まれてバンド活動を続けている。

と言っても各々のメンバーが仕事や家庭を持っており全然活動していないので、ライブも年に数回

もっとみる

【今日の一曲】weezer - take on me

80年代の有名な曲のカバー。a-ha、でしたっけ?
ウィーザーは90年代からやってるパワーポップバンド。パワフルな明るいノリと良いメロディーなんだけど、ちょっと内気な感じやひねくれた文系男子っぽい雰囲気もあります。
今年、カバーアルバムを出したんだけど、それがまぁ70〜80年代の有名な曲がたくさん入ってて、なんかこう、あからさまなミーハーっぷりにニヤニヤしました。この曲なんか、みんな一度は聴いたこ
もっとみる

【今日の一曲】Owsley - Coming up roses

ラブリーサマーちゃんがオススメしていたので聴いてみたらとても良かったです。オウズリー。99年の曲。
アメリカのシンガーソングライター。わりとロック。パワーポップというジャンルの、耳心地が良くて程よくパワフルで明るいロックです。
でも、メロディのせいなのかこの人の性格や個性なのか、なんとなくもの悲しい雰囲気もあって、そこがまたなんとも涙腺刺激します。ただ明るいだけじゃおもんないもんね。
個人的には、
もっとみる

『ホームタウン』~アジカンへ帰省する

どこまで意図したかは知らないが、ASIAN KUNG-FU GENERETIONが新アルバムのタイトルに『ホームタウン』と名付けたのは納得だ。活動歴20年を超えるバンドゆえ、ファンも時期ごとに入れ替えが多いと思うのだけど、このアルバムを聴いて「こんなのアジカンじゃねえ」と言う人は恐らく居ない。しばらく聴いてない人も、最近ハマった人も、みんなが思い描くアジカンに出会えるアルバム。僕からすれば、ロック

もっとみる

僕は勇敢な臆病者byリバース・クオモ

その曲はベースの一定のリズムから始まり、ドラムの気だるい雰囲気が合わさり、 語りかけるようなリバースの歌声と特徴的なマットのコーラスが一気に分厚いギターサウンドと共に絡み合い、叙情的で繊細な2本のギターサウンドがお互いを追いかけるように重なっては離れ、何か壮大なクラシック音楽を聞いてるかのごとくsoundを奏で、最後には最初と同じベースサウンドがなぜか悲しく聞こえ、力を出し切ったドラムと一緒に終わ

もっとみる
Thanks a lot !
14

私の別名ユニット、台八車の新曲Superbly 無料ダウンロード配信中です♪よろしく!(ジャケも手描きです。)https://thecarofno8.bandcamp.com/track/superbly