ライムスター宇多丸

ストレンジャー・シングス,THE BOYS,ゲーム・オブ・スローンズについて

休日、外は暑くて出かけたくないし、遊ぶ予定もない。そんな時はもっぱら海外ドラマを観ている。映画を観るためにNetflixにもAmazonプライムにも入っているけど、観る映画は月に数本で、もったいないと思っていたのもあって、海外ドラマを観はじめることにした。

映画より気軽に観れて、ハマればより長く、深く、楽しめるところがドラマの良いところだと思う。

「ストレンジャー・シングス 未知の世界」

もっとみる

宇多丸さんに学ぶ、映画における、いい演技とは?いい演出とは?

さて、今日は、「けそが選ぶ!私の人生に影響を与えたラジオ番組」第一位の、「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル(2018年3月に終了)」と、その意志&メインパーソナリティーを継ぐ番組「アフター6ジャンクション」の話を書こうと思います。

これらの番組については書きたいことがたくさんあるのですが、まずは目玉コーナー「映画評論」の話からしましょうか。

過言でもなんでもなく、宇多丸さんの映画評

もっとみる
おすすめ漫画:王様ランキング(感情表現がかわいい!)
7

セフレにされている気がします。

特に誰からも相談されていませんが笑、仮にタイトルの相談を受けたとして、回答を記事にしてみました。

突然ですが、皆さんにはセフレがいらっしゃいますでしょうか。
あるいは、セフレだった経験をお持ちでしょうか? 

セフレ、という言葉の裏には「付き合っていない相手と性的関係を持つのは異常である」という揶揄の気持ちが含まれている気がするので…

今日は
「いわゆる彼氏/彼女という相手ではないけれど、性的

もっとみる
おすすめ漫画:青のフラッグ(一押しの群像劇。人の見方がきっと変わる)
9

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』のペデストリアンデッキ特集に出演しました!

7月4日、ライムスター宇多丸さんによるTBSラジオ番組『アフター6ジャンクション』のペデストリアンデッキ特集に、同じくライムスターのDJ JINさんと共に参加してきました! 以下のリンクで番組の音声が聞けます。

ペデストリアンデッキとは、駅の2階から他のビルへとつなぐ広場性の高い歩道橋のことを言いますが、番組では、ペデストリアンデッキは都市のDJというテーマで、デッキのランキングを作成、そのデッ

もっとみる

裏切られてもむせび泣いても、香取慎吾は前を向く:『凪待ち』レビュー

AERAの記事を読んで気になっていたのだけど、アトロクの映画評を聴いて、もうこれは行くっきゃないな、と。アトロクの映画評がよすぎて、それにすごく引っ張られた観方になってしまったけど、でも聴いてから行けたことに満足している。そうじゃなきゃ見逃してしまうポイントがたくさんあったと思うから。

断片的に感想をまとめておく(どちらかというと、既に観た方向けかも)。

主演の香取慎吾について

・宇多丸さん

もっとみる
おすすめ漫画:金剛寺さんは面倒臭い(実験的なコマ割り&唯一無二の絵!)
33

徒然は最高だ。#10

6月27日(木)

梅雨の中休み。
今日の都心は晴れた。

帰り道にradikoであとろくを聞いていたら「ペデストリアンデッキ」という懐かしい響きの言葉が。

ペデストリアンデッキとは何か?
Wikipediaによると「広場と横断歩道橋の両機能を併せ持ち、建物と接続して建設された、歩行者の通行専用の高架建築物」とされている。
ちなみに略称はペデ、ペデデッキだそうだがこれは初めて聞いた。

仙台出身

もっとみる

有事に備える空想力

本と言えるのかな…(どちらかというとムック?)。
『ブラスト公論〜誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない』の「スポーツおよびスポーツにまつわるヤダ味について」より、お気に入りの会話を紹介します。

なお、この前段では、「特に学校教育のスポーツは一種の軍隊みたいになってる」「スポーツってシリアスで、笑いの要素がない」等、スポーツの何が嫌かについて話をしてる。

宇多丸 大体、スポーツって名前がよくな

もっとみる
おすすめ漫画:青のフラッグ(一押しの群像劇。人の見方がきっと変わる)
9

宇多丸さんの映画愛溢れる語りの凄さ

好きな人のこと、熱中している趣味や仕事のこと、大切にしている生活やモノのこと……人が何かに対して愛を語っているのを見聞きするのが好きだ。
実体験ももちろん大切だけど、人の「好き」を通して、自分一人では見い出せるはずのなかった「視点の引き出し」を増やせるのが、わくわくするのだと思う。
あと純粋に、好きなものを語る人の表情を見ているとこちらまで嬉しくなってくる。

映画時評コーナー「ムービーウォッチメ

もっとみる

ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門を読む②【ジブラの若手に思う事】

スチャダラパー「今夜はブギーバッグ」イーストエンド「DA.YO.NE」のヒットでヒップホップが表舞台に登場しはじめた1994年。

スチャダラは「俺たちが先にヒットしてしまったなあ。もっと不良みたいなやつらが先に売れてくれないと・・。俺たちの本当の良さは出ねえ笑」的なことをBOSEがおもっている裏で本物の悪たちが登場しだす。

muroやD.OなどがいるマイクロフォンペイジャーにジブラやKダブがい

もっとみる

ライムスター宇多丸「ラップ史」入門を読む①【1973年~1980年代前半】

◇ラップには誕生日がある。

1973年8月11日ニューヨーク・ウェストブロンクス・モーリスハイツ地区セジウィック通り520番地の公営団地

生みの親 クールハークというジャマイカからの移民

ブレイクビーツの発明 同じレコードを2枚用意して盛り上がるところだけかけ続ければ踊り続けられるんじゃない?というのがきっかけ。

ヒップホップは社会批判でも何でもなく、パーティで盛り上がりたいというマインド

もっとみる