ロシアW杯

国際代表

昨年のサッカーW杯は、フランスの優勝に終わり、大いに盛り上がった。
そして今年は、ラグビーW杯が日本で開催される。
来年はいよいよ東京オリンピックだ。

そういったスポーツニュースが報道される度に、違和感を感じることがある。

親と私で、「国際代表」に関する感覚が違うのだ。

☆ ☆ ☆

昨年の優勝国フランスの若きエースストライカーのエムバペを見て、父が「フランスなのに肌が浅黒いんだね」と言った

もっとみる

W杯から1年ぐらい経ったのでロシア旅行を振り返ってみる。前編。

2018年7月3日。
サッカー日本代表とベルギー代表が激戦を繰り広げ、2-3での逆転負けという歴史的一戦が行われた日。

日本中が湧いた感動から1年。時が経つのは本当に速いなと思います。その前戦であるポーランド戦の時、僕は現地ロシアにいました。

今まで数多くの国へ行きましたが、ロシアという国は僕自身にとって忘れられない渡航先の一つでした。サッカーにわかの僕がロシアW杯をどう楽しんだのか?

この

もっとみる

環境を変えて心も身体もリフレッシュ

私の場合は早期退職をして移住を決めた訳ですが、やはり仕事を辞めるのはリスクが高すぎると考える方も多いと思います。みなかみ町の空き家率はおよそ18%で、町でも空き屋バンクというサイトを公開し移住促進を進めています。新幹線通勤の補助金制度などもあるようです。上越新幹線上毛高原駅から首都圏に通勤されて居る方も多くなってきています。大都市圏でも少子高齢化の影響で空き家がどんどん増えてきていますので、全国的

もっとみる

僕らはまだ何も成し遂げていない

AFCアジア杯が開幕した。
初戦でオーストラリアがヨルダンに敗れる波乱があった一方で、W杯でスペインやポルトガルと互角の勝負を演じたイランはイエメン相手に5-0と大勝し、アジアの盟主としての貫禄を見せつけた。

オーストラリアの結果以外は、大方の期待を大きく覆す結果は今のところないと言ってもいいだろう。

さて、9日に初戦を迎える我らが日本代表だが、以前の僕の記事の中で紹介した2選手、中島・守田が

もっとみる

2018年の想いを胸に

新年明けましておめでとうございます。

年末年始、さらにはクリスマスの3連休も仕事をしていた僕には少し世間が遠く感じますが、季節感や節目は大事にしていきたいので少しだけ。
僕的3大ニュースを振り返ります。

ロシアW杯

2018年は僕にとってのビッグイベント、
自身2度目となるW杯の現地観戦。

ブラジルの時もそうでしたがサランスクの地で響いた君が代は感慨深いものがありました。香川のPK、大迫の

もっとみる

2018年を、30の旅ツイートで振り返る

こんにちは。Hirotaka(@tabi_gari)です。

2018年、Twitterを通して、「旅」の発信をしてきました。現地からリアルタイムで旅の様子を実況したり、帰ってきてから旅のこぼれ話を綴ったり。

とくに、2月と3月の平昌オリンピック&パラリンピック観戦、6~7月のロシアワールドカップ観戦、9月のフィリピン旅などのツイートを通じ、たくさんのフォロワーさんとつながることができました。本

もっとみる

鹿島対グアダラハラを見て想う。中盤天国の終焉とドリブル天国への期待

今年、2018年はどんな1年だったのか。ロシアW杯から半年が経過したいま、クラブW杯初戦の鹿島アントラーズの戦いを見ると、方向性を見つけ出せずにいた暗いトンネルから脱出できたような明るい気分になる。

 鹿島がクラブW杯初戦で逆転勝ちしたグアダラハラは、メンバー全員がメキシコ人選手で固められていた。大きな選手の少ない、日本人が親近感を抱きたくなるチームだった。

 日本とメキシコ。それぞれの代表チ

もっとみる

戦術を語る前に

この夏、ある試合会場で対戦したチームに「スペイン帰り」という肩書きを持つ指導者の人がいた。その方はツイッター上では知っていたのだけれど、面識はなく。
その方のツイッターを覗くと、その多くの投稿で「スペインでは」という枕詞がついて、つまりスペインの良さを強調すると同時に、日本の育成事情へのダメ出しがニュアンスとして含まれている投稿が多かった。その多くは、戦術について。

この方に限らず、最近はW

もっとみる

ロシアW杯現地観戦記(7) 観光をちょっとだけ調べ始める

前回、旅行準備のための道具を揃えたところからずいぶんあいてしまいました。ちょっと仕事が立て込んでいたこともあるんですが、じっくり書く時間が取れなかったのが正直なところ。ちょっと一気に書いていきたいと思います。

ちなみにこれが前回。

いよいよ本も届き始めたのだが、3月中旬、無事ロシアに入国する際に必要なFAN IDの現物が届く。

これがあるから、本来ロシアに旅行する際に必要ないろんな手続きがほ

もっとみる
ありがとうございます!よろしければ是非シェアもお願いします!
13

この夏の旅 4 ロシアW杯

サッカー好きの私にとって4年に一度の世界的なスポーツイベント、ワールドカップはどうしても現地観戦してみたいものの一つです。そして今回は今までで一番多くの試合をスタジアムで見ることができました。

 これまで現地観戦したのは日本が初めて出場した1998年フランスで予選リーグ最終戦の日本対ジャマイカ戦(中山ゴンの初ゴール!でも惜敗)。次に日韓共催だった2002年に予選リーグでの2試合アメリカ対ポルトガ

もっとみる