会社紹介

自分の冒険心を信じよう

こんにちは。株式会社パーツワン人事責任者の橋本晃輝です。

パーツワンはリサイクルを通じて新しい価値を生み出し、世の中の在り方を変えていく会社です。
設立して10年ながらもメンバーの数は長期インターン生も含めて10名の少ない人数。
社長の年齢は40代ですが、ほかのメンバーは26歳以下で構成されていること。
採用活動は新卒採用や長期インターン採用のみ行っていることが特徴的です。

そんな名もなき会社

もっとみる

はじめまして、IDENTITYです。

はじめに

『あらゆる領域にデジタルシフトを』という言葉を掲げ、マーケティング領域を中心に企業のデジタルシフトを支援するIDENTITY。私たちは、岐阜・名古屋を拠点に2016年7月に創業しました。

自社事業では、名古屋を中心とした東海エリアのシティガイド「IDENTITY名古屋」を始め、理想の暮らしを叶えるWebメディア「cocorone」、岐阜で創業したオリジナルの日本茶ブランド「美濃加茂茶

もっとみる
ありがとうございます!
9

美意識を強固に持ったメンバーに囲まれるLIGという空間(入社10ヶ月の編集/広報からの視点)

こんにちは、たびちんです。

株式会社LIGに入って、早くも10ヶ月が過ぎようとしています。入社前にLIGに持っていたイメージと、現在の認識がいい意味でかけ離れてきました。今見えているLIGが、どんな姿なのか自分の中でも整理していくために書いていきます。LIGの概要をご存知の方は、真ん中ぐらいから流し読みすると良いです。

まずは、あらためて自己紹介を。11月から社員として株式会社LIGで働いてい

もっとみる
最高です。優しい!そして嬉しい!いつかどこかで会いましょう!
17

10年後の常識を変える方法、教えます――VERTEXグループより、はじめましてのご挨拶。

はじめまして、VERTEXグループです。私たちは、東京都新宿区にオフィスを構え、事業開発やエンジニアの教育事業を行なっているベンチャー企業です。名前を聞いたことがある方も、ない方も、これからどうぞよろしくお願いします。

なぜ私たちがnoteをはじめようとおもったのか。結論から言うと目的はこの3つです。

・常識にとらわれず挑戦を続ける人を応援するため

・「こんな生き方もあるよ!」と多くの人に伝

もっとみる
今日の運勢は中吉!面白いアイディアが浮かぶかもしれません♡
17

「Oisix ra daichiって、どんな会社?」 これまでの記事を総まとめ!

こんにちは。Oisix ra daichi note 編集部です。

ここでは、私たちOisix ra daichiがどんな会社なのかをお伝えするために、これまでの記事をまとめて紹介させていただきます。

■私たちのミッション

私たち、Oisix ra daichiのミッションはコチラ!

これからの食卓と、これからの畑をつくっていく

より多くの人が、よい食生活を楽しめるサービスを提供します。

もっとみる
(^人^)感謝です!
15

Wantedly 用インタビュー記事の裏話 -参考文献と補足-

新しい職場で試用期間が終わり、正式に社員となったタイミングで Wantedly の記事を公開しもらいました。

社内では、トップ画像のようなキャプションを付けられるぐらい、かわいがってもらっています(たぶん)。

この3ヶ月、転職や現在に聞かれることが多かったので、この wantedly 記事を題材にしてnoteを書いてみます。

といっても、割と wantedly の記事に書いてしまっているので

もっとみる
嬉しいです!【中吉】明日はたぶんいいことあります!
16

なぜ、個が金融にアクセスしやすく、したいのか?

先日、最近流行りの求職者向け会社紹介資料を作った。
その中で、改めて会社の目指すことを記載させてもらったのだけど、今日はそれについて書く。

早速だけど、自分は「個が金融にアクセスしやすくなると革命が起きる」と思っている。その理由について、この本を追って説明したい。皆大好き群像本である。

アメリカの1970年代頃の金融革命について述べている本。弊社のバイブル。
主に決済と投資について書いていて、

もっとみる

チーフエンジニアがCOOになると良くなる組織のこと

会社ごと(カンム)で恐縮ですが、今年の頭くらいから、強くて優しい @_achiku がCOOになって、1年弱経ちました。

エンジニアから経営・Bizに移る人は増えているかと思うのですが(自分も2012年まではproductionのコード書いてました)、実際に会社の要職に就くとどういう効果があるのか?一般化できると、他の人の参考になるとも思い、書きました。

なお、achikuに依存するところも往

もっとみる

事業計画を公開して共通言語を作る

前回に続き、会社で意識していることを書きます。
前提知識の平準化のための勉強会

前回とも被るのですが、とにかく「前提」を共有することを意識しています。

その中で、いちばん重要なのは会社の方向性を示すもので、それを具体化した事業計画(Excelの月次収益計画)を事業開始当初から全社に共有しています。

短期の今後の計画(戦略・人員計画)や、ビジネスモデル、過去の履歴が全ていじりようのない数値とし

もっとみる

前提知識の平準化のための勉強会

こっちのブログから移行。

2012年から決済系のブログを書いてますが、本業はバンドルカードというVisaプリカを発行するカンムという会社の社長をやってます。

カード業界的には、イシュアという立場で、カード会員様の決済トランザクションをさばいて、アプリを提供し、カスタマーサポートもしているのですが、新しい人が入ると、全職種で「業務知識が多すぎる」「キャッチアップが大変!」という声が出てきます。

もっとみる