名盤生活(ヘビロテ編)

この入院生活。買ったもののゆっくりと聴けてなかったCDをじっくり味わう。ということをやっていてそれはそれはとても幸せな時間だ。

 いつしかもとから持っていたCDだけではなくて、Spotifyも思いっきり利用してあらゆる名盤に触れていこうという心持ちになり、「病院のベッドの上の名盤旅行」なんて呼ぶようになった。

 しかし・・それはやはりやってきた。
Wi-Fi環境にない中でSpotify

もっとみる
読んでくれてありがとう!

○○○ぽい曲作ります!(更新中)

○○○ぽい曲欲しいなというアイドルさん、アーティストさん、もしくは一般の方もいらっしゃるかも知れません。

「〇〇さんに憧れて歌うたってます!」

とか多いですよね!でもカバーならともかくオリジナル曲やるときに全然違った感じの曲がきたら、ちょっとやる気が萎えますよね…

せっかくのオリジナル曲だからこそ好みに合った曲でやりたいですよね!

↑まずは乃木坂46っぽい曲から(*'▽')

1.はじめに

もっとみる
さんきゅー
12

どんな形で一発当てたいか?

どういった方法で自分を売り込んで行きたいのか?

前回の記事で、暗めの岡崎体育がやりたいという事をお伝えしました。

【暗めの岡崎体育とは↓】

この音楽生で売り込もうとなると、今の定番の宣伝方法であるライブハウスやクラブハウスでの活動では不向きと感じています。

なぜ不向きであると考えているのか?というのは以下3つのポイントです。

①日本のライブハウスは基本ロックバンドが出演する様に作られてい

もっとみる

音楽で一発当てたくないですか?

音楽で一発かましたくないですか?

noteでの初投稿となります。Cellulite(セルライト)と申します。

自分は幼いころから音楽が大好きで、中学校~大学で軽音部でドラムをやり、社会人となった今はPCで作曲をしたり、歌を歌ったりしています。

また、自分の音楽活動の一環として、自分の曲や思っていることを発信出来ないかと思いnoteを始めてみました。

皆さんは音楽が好きですか?

皆さん熱量

もっとみる

楽曲コンペ:勝てるコードの考え 〜その6〜

今回は作家が知っておいた方が良いコード観念について説明致します。昨日のノンダイアトニックに関するポストと少し関係のある内容になります。

ギター初心者がよくやるプラクティスルーティンで半音ずつノートを刻んでゆくルーティンを想像してください。6弦Eからスタートして1限の12フレット以上の所まで半音ずつupして、またdownするのですが、4弦のみ3フレまでで、4フレは次の3弦の音と同じなので次の弦(3
もっとみる

作曲家修業の思い出(10)イントロは短くせよと亀田誠治氏に直接指摘される

だんだん「曲づくりの基本」のようなnoteになってきました。別に亀田音楽専門学校のようにするつもりはなかったのですが...。

作曲家修業の思い出(3)でも書きましたが、当時曲をまとめて提出するときは、イントロはのぞいてサビ前から作って、あとからイントロをまとめていました。

実はこの効用は大きくて、これ以前にイントロから順々に作っていくと、自分の場合どうしてもイントロが長くなる悪い癖がありました

もっとみる

作曲家修業の思い出(9)メロディ先、コード後のほうがカッコ良く仕上がる&リミックスに目覚めた

曲をパーツパーツで保存しつつも、名曲(迷曲?)が生まれず苦悩の日々を過ごす日々。サビにメロディアスなストーリーを求めるJ-POPでは、やはりメロディを先につくり、そこからコードをのせ、アレンジを詰めていったほうがうまくいくことが圧倒的に多かったです(この方法を「メロ先」と言ったりします)。

ぼくは、たまたまクラブミュージック寄りのカテゴリーで作曲家修業をしましたが、クラブミュージックでもJ-PO

もっとみる

作曲家修業の思い出(8)曲はパーツでストックする?

さて、リズムプロダクションにダメだしをされ、デモテープ作成講座でも「リズムで9割が決まる」と言われ、限りなく本チャンに近い形まで仕上げないとダメなんだなあということを痛感したわたくし。

とりあえず打ち込むためのネタが足りないとみて、サンプラーと音ネタを入手することにします。デザインの世界でいえば、Photoshopを買い、アマナやPixtaのような素材サイトに登録するようなイメージでしょうか。し

もっとみる

作曲家修業の思い出(5)リズムプロダクションがダメ

さて、最低限の事前スパーリングを経て、実際の曲作りのスタートです。

「とりあえず月に5曲作って、毎月末にCD-Rで以下の住所に送るように...」
⇒10年前の話なのでCD-Rというところはお許しください

ということで、週1ペースで曲を作り続けることになりました。この人に提供したい、というイメージ投影も必要だったので、まずは好きだったbirdを狙ってみることにしました。当時このアルバムがとにかく

もっとみる

作曲家修業の思い出(4)フリーソウルとカフェアプレミディのシリーズは全部買え

前回は、デモの打ち込み方法にダメ出しをされたわけですが、次に曲作りの前に指南されたのは、

レファレンス音源を沢山持っておけ

ということでした。

ぼくの場合、当時は「オリジナルラブフォロワー」だと2ちゃんねるに書かれるくらい、田島貴男さんの曲にどっぷりはまっていましたが、それ以外にもいろんなジャンルをかじっており、広く浅くは聴いているつもりでした。余談ですが、大学時代にプログレを聴いていたのは

もっとみる