冬の蜃気楼

小説「冬の蜃気楼」の読後感【読書日記】

『冬の蜃気楼』 山田太一著

同世代の著者の小説も読みますが、読み切れないことが多々あります。

人物の描かれ方が希薄に思えて、登場人物の造型に魅力が感じられないことがあります。だから最後まで読めないことが多いです。

先日、図書館に入って書架を眺めていると、目に留まったのが「冬の蜃気楼」でした。山田太一氏の著作です。装丁が何とも言えず、素敵です。

以前「飛ぶ夢をしばらく見ない」という題名の小説

もっとみる