号泣した

読書記録:【「また、必ず会おう」と誰もが言った。 喜多川泰】自分の人生を生きることが幸せなのだ。

泣かされる作品でした

予定外に
かなり泣かされました。

フリーのワーキングスペースで
ボロ泣き。

いろいろ
素敵な言葉もあるのですが、
それよりも醸し出す雰囲気に
全体的にやられた。

1つの出会いが人生を変える

人生は
思いがけないタイミングで
大きく方向性を変える。

この作品でも
途方にくれた主人公の
たった1人との出会いから
どんどん縁がつながっていく。

実際の人生もそうだ。

もっとみる
うれしいです(^-^)
5