小一息子

息子に死にたいと言われたら

早いもので、小学校も終業式らしい。もう、給食も終わりだから、来週からはお弁当を用意してと言われて、春休みの存在に気づく。

最近わたしは原稿に追われているのだけれど、書いて書いて書いて、ボロ雑巾のようにクタクタになったら、息子が肩を揉んでくれたり、充電してくれるようになった。

充電は、ぎゅーっとして、ママは世界でいちばんの宝物だよと、言ってくれるプレイです。

彼が幼い頃から毎日伝え続けてきたこ

もっとみる