山村和也

【2019】 第14節 浦和レッズ戦 レビュー

『監督が代わって、選手のモチベーションも高かったと思う。』(レアンドロダミアン)

最後の最後に同点弾を許し失った勝ち点2。大槻監督の初陣ということもあり、浦和は迫力あるサッカーを展開してきていた。中々、難しいゲームではあったが、1−0のまま90分を迎えることができていた。ただ、それでも最後の最後で浦和の迫力にやられてしまった。

だからといってもう終わったことをズルズルと引っ張るわけにもいかない

もっとみる

【2019】 第12節 名古屋グランパス戦 レビュー

金曜日であるにも関わらずチケットがソールドアウトになった等々力。

試合はお互い拮抗した試合を展開し、結果は1−1と勝ち点を分け合う形になった。1試合を通してクオリティーの高さを両チームとも発揮していて、周囲からは「素晴らしい試合」との評価まであった。こういった試合が増えていくことで様々な側面においてJリーグが発展していく糧になっていくはずだ。

さて、今回のラインナップはこちら。

①『このクオ

もっとみる

【2019】 第11節 清水エスパルス戦 レビュー

『今回の試合もたくさんのサポーターが駆けつけてくれて、アップのときからテンションが上がった。本当にありがたかった。そのなかでチームが勝つことができて、初ゴールも決めることができた。』(脇坂泰斗)

アウェイの地で多くのサポーターが駆けつけた中で2009シーズン以来の5連勝を狙っていたフロンターレ。前半の展開としては中々難しいところはあったが、セットプレーから先制点を奪取して流れをこちらのものとし、

もっとみる

【2019】 第10節 ベガルタ仙台戦 レビュー

ゴールデンウィークの満員の等々力。これ以上ない最高な条件で仙台を迎えいれたフロンターレ。試合は順調な滑り出しであまり引っかかることなく3−1で幕を閉じた。だが、1点を与えてしまったことに対して谷口は『相手を勢いづけるような失点はしてはいけない。』と振り返った。

奈良が負傷により長期離脱を余儀なくされたが、『今は奈良が安心して足の治療に専念できるような結果を届けることが大事。そういう意味でも勝てて

もっとみる

【2019】 第9節 ヴィッセル神戸戦 レビュー

周囲からは注目されていた一戦だったが、選手たちにはそれよりも勝ち点をいかにしてアウェイの地で奪うのかというところに考えが集中していたように思える。

多くの怪我人がいる中で”総力戦”という言葉がよく使われているが、誰が出ても勝ち点を奪える。そんなチームを日頃から作っているからこそ、今節のような戦いができた。

まだまだ戦いは続く。気が緩む時間はないだろうが、それでもいかにリラックスして次々とやって

もっとみる

【2019】 第8節 湘南ベルマーレ戦 レビュー

はじめに:                             ※レビューの投稿が遅くなりました。今後もこのようなことがあるかと思いますがよろしくお願いします。

『今日はとにかくホームで勝てたこと、サポーターと喜び合えたことが一番だと思っています。』と鬼木監督が試合後の会見で言ったように、神奈川ダービーでホームゲーム初勝利を決めれたことは非常に大きかったと思います。

一向にホームで勝てない

もっとみる

【2019】 第7節 サガン鳥栖戦 レビュー

『勝ってよかった。』と大島が言うように1点を守り抜いたこの勝利には大きな意味がある。

ミッドウィークに行われたアウェイ蔚山現代戦。川崎守備陣の絶対的存在である谷口が負傷。それに加え車屋も同試合で負傷。他にも複数の主力選手が怪我という状況で総力戦を余儀なくされた。

しかし、一方でチームにとって朗報もあった。戦列離れていた大島や馬渡が戻ってきた。特にこの試合の大島はいるだけで違いを作り、そのボール

もっとみる

【2019】第4節 G大阪戦 レビュー

またもや終盤に逃した勝ち点。

何かを変えなければいけない状況ではない。自分たちを信じて2年連続でJ1の頂に立ったことを思い出してこの中断期間を過ごせばまた輝くことは十分に可能である。

自分たちを信じる。ただそれだけだ。

さて、今回のラインナップはこちら。

①『チームとしても個人としても試合の運び方がうまくいかないゲームになった。』(知念慶)知念が振り返った総力戦だからこそ出てくる課題。

もっとみる

【マッチレビュー】 まずは自分探しの旅へ 2019年 J1リーグ第4節 川崎フロンターレ×ガンバ大阪

Twitterアカウントはコチラ

皆さんこんばんは。
今回は先週末の第4節。
川崎対ガンバの試合を振り返ります。
今までは1試合の振り返りをメインにやってきましたが今回は趣向を変えてみました。
今節の敗戦もそうですし開幕以降やや下降線を辿っている印象を持っています。その原因の1つはこれなんじゃないかと感じた部分があったので、そこを深掘りしていこうと思います。

それでは今回の目次です。

試合の

もっとみる

【2019】第2節 鹿島アントラーズ戦 レビュー

中村憲剛のフリーキックで先制をし、幸先の良い展開になるかと思われたが蓋を開けてみれば伊藤に1点を返され1−1のまま試合終了。前節の多摩川クラシコに続いてこの試合も引き分けに終わった。

『やっている選手も観ているサポーターの皆さんも消化不良のところがあると思う。』という中村の言葉が全てを物語っている。怪我人が出ていて完璧なチーム状況ではない鹿島に対して勝ちきれなかった。是が非でも勝点3が欲しかった

もっとみる