新元号対応

令和の発表、実は5月1日でよかったんじゃない?令和とシステムエンジニア。もう現場、炎上してるよ!というか西暦でよくね?というお話

どーもです。ちびりーまんです。

ちびりーまんは、システムエンジニア(SE)をやってます。
気持ちは今でも若手ですが、世間的には中堅の現場社員的な立ち位置的になってしまってる気がしてます。

新元号発表というめったにないイベントに、まきこまれ。。。たずわることができたので、ウチのシステム開発の現場の話を書いていきたいと思います。

あ、ちなみに、ちびりーまんは、金融システムのSEやってます。その中

もっとみる

改元によるシステム変更対応について思うところ

今日で平成が終わり、明日から令和が始まりますね。
そんな平成の終盤、以下のニュースが。

北陸銀行 コンビニのATMで誤った西暦を表示 改元に伴なうトラブルか
(横浜銀行・北海道銀行も)

5月の振り込みの予約をしようとしたところ、令和元年→2019年表示になるべきところが、平成元年→1989年表示になる、というもの。これは驚きますね。「そんな不具合出してんじゃないよ!」といいたくもなるかもしれま

もっとみる

平成の出来事が和歴で思い出せない病

皆さんは過去の出来事は和歴で覚えていますか? それとも西暦ですか?
自分の年齢や、中学3年生の時という覚え方の人もいるかもしれませんね。

私は大学受験で日本史を選択していたこともあり、江戸時代までの出来事は西暦で、明治時代以降は和歴で覚えました。その方が覚えやすいからです。

ただし和歴→西暦変換はできるようにしていました。
具体的には
・明治は1867年を加えれば西暦
・大正は1911年を加え

もっとみる