橘宏樹 GQーーGovernment Curation 第10回 公務員の兼業促進と官民リベラル・エリート・ネットワークの思惑

現役官僚の橘宏樹さんが「官報」から政府の活動を読み取る連載、『GQーーGovernment Curation』。久しぶりの連載再開となる今回は、3月に通達された公務員の兼業・副業解禁について取り上げます。この動きの背景には、この20年の間に発達した官民の協働体制、民間の公益団体や社会事業家の献身的な活動がありました。

 こんにちは。橘宏樹です。国家公務員をしております。このGovernment

もっとみる

橘宏樹『GQーーGovernment Curation』第9回 入国管理 入管法改正を考える。3つの視点と国の器量

現役官僚の橘宏樹さんが「官報」から政府の活動を読み取る連載、『GQーーGovernment Curation』。今回は2018年12月8日に成立した入管法改正を取り上げます。外国人労働者の受け入れについては、既にさまざまな議論が出揃っていますが、「共生」「生産性」「人材の質」という三つのポイントから、改めて整理します。

 こんにちは。橘宏樹です。国家公務員をしております。このGovernment

もっとみる

橘宏樹『GQーーGovernment Curation』第8回 説明責任 狡猾な正義は、曖昧な恥の文化をハックできるか~平成29年度決算検査報告~

現役官僚の橘宏樹さんが「官報」から政府の活動を読み取る連載、『GQーーGovernment Curation』。今回は「会計検査報告」について取り上げます。行政が正しく機能しているか、国民に代わって説明責任を問う会計検査院。公務員が恐れる機関でもありますが、一方で、その強大な権限を利用して組織内部の改革を進めようとする、志ある公務員もいるようです。

▲会計検査院長(代行)が総理に会計検査報告を手

もっとみる

橘宏樹『GQーーGovernment Curation』第7回 社会保障 官僚が「等」に託す想い~生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法「等」の一部を改正する法律の施行~

現役官僚の橘宏樹さんが「官報」から政府の活動を読み取る連載、『GQーーGovernment Curation』。10月から施行された「「生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律」。生活保護法の改正も含んでいながら、「生活保護」という言葉を避けて「等」としたのは、改正の意図を曲解されないための、政策担当者たちの苦肉の判断があったようです。

 こんにちは。橘宏樹で

もっとみる

【PLANETS CLUB第6回定例会】 現役官僚・橘宏樹による『「平成最後の夏期講習」見聞録』

今回の定例会のゲストである橘宏樹氏は、官僚という「コンサバ」な組織に所属しながら、その保守的な組織のハックを目指している人物です。職場では座席表の貼り出しや稟議を上げる際の承認印の多さなど、まだまだ古い体質が多く残っているそうです。同氏はそんなコンサバな組織をハックするためには、コンサバ内のどこかに存在する、戦中派エートスを持った「真の族長たち」から「コネ・カネ・チエ」の資源を受け継ぎ、「ヨコ」そ

もっとみる

橘宏樹『GQーーGovernment Curation』第6回 金融 銀行はなぜ平日に休めるようになったのか 〜地銀を改革に追い込む怒涛の規制緩和〜

現役官僚の橘宏樹さんが「官報」から政府の活動を読み取る連載、『GQーーGovernment Curation』。電子マネーやFintechの普及、仮想通貨の登場によって変革期を迎えている金融業界ですが、金融庁が検査監督の基準を大転換したことで、特に地方の金融機関は、地域経済において新しい役割を担わされることになりそうです。

 こんにちは。橘宏樹です。国家公務員をしております。このGovernme

もっとみる

橘宏樹『GQーーGovernment Curation』第5回 通商 逆襲の自由貿易~日欧EPA~

現役官僚の橘宏樹さんが「官報」から政府の活動を読み取る連載、『GQーーGovernment Curation』。7月17日に閣議決定された「日欧EPA」の背景には、英国の離脱が決定したEUの信頼性回復や、トランプの保護主義への反撃など、日欧双方の複雑な目論見が垣間見えます。激化する通商戦争から国際関係のあり方について考えます。

【8月22日21時50分追記】
本記事のタイトルの著者名に誤記があっ

もっとみる

橘宏樹『GQーーGovernment Curation』第4回 教育。まだ見ぬ幸せを、その手に。~第3期教育振興基本計画を読み解く~

現役官僚の橘宏樹さんが「官報」から政府の活動を読み取る連載、『GQーーGovernment Curation』。今回のテーマは「教育」です。6月15日に閣議決定された「第3期教育振興基本計画」(2018-2022年) を、第1期(2008-2012年 )、第2期(2013-2017年)と比較しながら、この10年の間に国が掲げる教育のビジョンが、どのように変化したかについて検討します。

▲教育。政

もっとみる

農業の大規模経営化を推し進める「農村の働き方改革」。

若者の就農やコミュニティの変化などが起こりそう。

http://sp.ch.nicovideo.jp/wakusei2nd/blomaga/ar1564569

橘宏樹『GQーーGovernment Curation』第3回 農村でも「働き方改革」

現役官僚の橘宏樹さんが「官報」から政府の活動を読み取る連載、『GQーーGovernment Curation』。昨今話題の「働き方改革」のような変化が、じつは農村でも起こりつつあります。農業の継続を促そうとする法改正について、橘さんが目的別に分類/解説します。

▲植物工場が身近になる日も近い!?

 こんにちは。橘宏樹です。国家公務員をしております。このGovernment Curation(略

もっとみる