この口内炎も、耳が東京事変と林檎嬢の音を欲しているのも、腹八分で満足できる食欲も、私の中の微かな野望がうごめき出した兆しであってほしいと思うのです。

一人暮らしをはじめたら、生きやすくなった話。

プチ帰省を終え、再び一人暮らしのおうちに帰って参りました。ついつい、だらけ、ついついパソコンを忘れ、ついついnoteの更新も途絶えさせてしまいました。ついついね?、ついつい、

プチ帰省の「プチ」というのは、実家と私の家は県内にあり、車だとそれほどかからない「プチ」な距離であるため、プチ帰省と呼んでいます。

実際のところ、親にはずいぶんと金銭的に無理をさせてしまっていることはわかってはいるつもり

もっとみる

todolist の束縛

to do list 

皆さんは書き出したりしますか?

してらっしゃる方は、どこにメモしてます?

私はよくiPhoneのメモに今日すべきことを書き出して、そのスクショをロック画面に設定なんかにして何度も目に付くようにしたりしているのですが、これがどうも最近うまくいかない原因になっています。

すべきことはわかってるんだけどさ、人生そうは上手くできないのよ。

そう思い始めたら最後、

きづけ

もっとみる

1980年、中学三年生、広島の夏 ひとり旅 ③ 何も収穫がなかった旅

中学三年生の夏、私は、各駅停車を乗り継いで藤沢から広島まで一人旅をしました。ほとんど無計画な旅でした。また大きな野望を持って出かけた割には何も収穫のない旅でした。

アメリカという国が広島に原爆を落としたことについて知りたいと思いました。私にとってアメリカという国は特別な国でした。叔母さんが戦後まもなくアメリカ兵と結婚をしてアメリカに渡りました。その叔母さんからは季節が変わるたび、カラフルなアメリ

もっとみる

惚れてから、好きになるまでのあの感覚

今日は文字綴りをお休みしかけたのですが、これだと、一日坊主でもない三日坊主でもない、二日坊主という中途半端なジャンルを確立させてしまいそうだったので、今むくみまくった顔でパソコン画面をにらんでいます、こんばんわ。

最近の私といえば、夏の暑さに怒りながら、アルバイトと自宅のエアコン下の行き来を繰り返しているそんな日々を過ごしております。

そんなエアコン下に向かう時間には私の耳には必ずブルートゥー

もっとみる

小野香代子「さよならの言葉」、もしくはポプコン沼の話

友人の「長老」(←4thというボクが主宰するコミュニティ内のニックネーム)がこんなnoteを書いていて、ボクのことにも触れてくれたので、返歌をしようと思う。

「コッキーポップ」というラジオの深夜放送があって、中高校時代(1974年〜1980年)、ボクはほぼ毎晩これを聴いていた(放送自体は1971年〜1986年)。

当時のニッポン放送の深夜ラインナップは、

0時00分~0時10分「あおい君と佐

もっとみる
ありがとうございます!じっくりじんわり書いていきます。
25

一人で勝手に死ぬ前、90年代とスクールカーストを語る (実話本編6)小学生編最終話

小学生編最終話・卒業式と漫才
時代-『一人ごっつ』
 嫌な方向への変化が多い中、昔から変わらない子もいる。峰くんだ。ある日、学習の一環として一年生のクラスで子どもが興味を持てるような劇や、本の読み聞かせなどを披露する課題が課せられた。週毎に分かれていて、最初に本の読み聞かせをした班は玉砕されたとようだ。当然の結果だと思う。たどたどしく絵本を読む上級生より、周りの子たちとおしゃべりしているほうがずっ

もっとみる

一人で勝手に死ぬ前、90年代とスクールカーストを語る(実話本編4)

4.学級崩壊と性へ目覚め
(時代-『ハイポジ』『こどものおもちゃ』『ギルガメッシュないと』『L⇔R』『ボキャブラ天国』)

 空前の小室哲哉ブームが巻き起こる中、私はCDを買ったことが無かった。毎週新曲がリリースされ、目が回りそうだった。『DOS』や『hitomi』など次々に新しいアーティストがプロデュースされ、追いきれていない。
 そもそもサンキュッパのゲームボーイソフトだって高いと思うのに、一

もっとみる

ちょっと特殊な深夜放送のリスナーたち『Across the view』『ミッキー安川の雑オロジー』ほか

『午前0時のラジオ局』(村山仁志・著)を読みながら、私が現場に立ったいくつかの深夜放送のことを思い出していた。

この小説『午前0時のラジオ局』シリーズでは、スタジオに幽霊が、寄り集まったりメッセージをよこしたりするシーンがたくさんあるのだが、深夜放送の現場にラジオネームで送られてくるFaxやメールはまさに幽霊からのメッセージと同じような感覚だ。送ってきた相手については文面に書かれた以上のことはわ

もっとみる

「すごい」ってなんだと思う?

あのさ、わたし褒められて伸びるタイプだから、やっぱり「すごいね」と褒めてもらえたらとても嬉しいの。

だけどたまにね、ものすごく不安になることもあるんだよ。

理由はふたつ。

ひとつめは、外と内との自分のギャップ。

ふたつめは、裏の裏をかいてしまうこと。

初回の深夜2:00の内緒話は、そんな話をしようと思うよ。

「すごい」の境界線。

「すごい」「努力してる」の境界線って一体ど

もっとみる