現代版百姓プロジェクト

最高の朝ごはん

今年に入ってから、ありがたいことにお仕事がない日はなくて、毎日走り回っている。

そんな中企画した「ひとり合宿」。湯治宿にこもることで仕事の棚卸しをしたり、気分転換をすることが目的だった。

2月に岩手県花巻市の大沢温泉。3月にはまだ積雪の残る岩手県西和賀町の鳳鳴館。

どちらも自炊部のある湯治宿でのひとり合宿。

西和賀でのひとり合宿中には友人たちが遊びにきてくれたり、

複業をさせてもらったり

もっとみる

ヨハクデザイン、独立までの経緯。

2015年6月。
10年続けた会社員生活をやめた。
同時にヨハクデザインという屋号で独立した。

わたしが旅出るのは、旅先に仕事があるからじゃない。
東京で受注した仕事と、MacBook Proを持って、好きな場所で仕事をする。
それがわたしの生活。

出かける場所は気分で決める。

夏の暑さから逃れたい。
そろそろあの魚が食べごろだ。
あの人に会いたい。

場所を決めるきっかけは、いつもそんな些

もっとみる

ヨハクのおやつ第3弾・福井箱リベンジ編

第3弾も到着したと思うので、おやつ箱ネタバレです。

福井旅は2月前半の大雪で滞在が延期になったこともあり、長らくお待ちいただいた方々、ありがとうございました…!

今回の中身はこんな感じ。車の中で梱包してたから、写真が暗い…。

【お品書き】
水羊羹(福井の冬はコレ!)
ご当地おかき
パクポン(南条米のポン菓子)
ソイタルト(金沢)
絹小町(羽二重餅をはさんだ生サブレ)
羽二重餅3種

福井の冬

もっとみる

対談はじめました【流動創生 荒木幸子さん】

旅するデザイナーとして各地を渡り歩くうちに、同じようにいろんな思いを持って活動している人たちとお会いすることが増えました。

先週一週間滞在していた福井。南越前町を中心に活動をされているのが、多拠点推進プロジェクト「流動創生」。発起人の荒木 幸子さんとの対談記事のまとめです。

その① フリーランスの増加について

その②組織拡大のためにできること

その③保守的な働き方って変わる?

その④パー

もっとみる

会社を辞める前にこれだけはやっておいた方がいいこと

フリーランスになりたい、今の仕事に魅力を感じないという人に相談されたとき、まあ別に辞めてもいいと思うんだけど、その前にひとつ勧めることがある。

それは今の仕事を経営者目線で捉えること。

今の雑務がつまらない、やりたくないと言うのは、だいたいの場合『やらされている感』が嫌いなだけ。

もし自分がフリーランスになったら。

具体的に細かいところまでシミュレートしてみる。

朝は決まった時間に通勤す

もっとみる

成功体験を小さく積み重ねる

100のナリワイを持つ、現代の百姓になりたいというところから、本業のデザイン以外に複業ブームがきている。

直接複業だけに関することでもないけど、こんな記事も書いた。

何かができるようになる、という成功体験を小さく積み重ねていくことは、安定した本業のクオリティを保てたり、そもそもの自分の軸を作るのに、必要なんじゃないかな。

小さなスキルを身に付けるたびに、世界の見え方が少しずつ変わっていく。

もっとみる

旅×デザイン×複業という暮らし

「旅するデザイナーです」と言っても、同業の方でさえ、具体的な仕事はイメージしづらいかもしれない。

旅と複業をしながらデザイナーとして働くのは、わたしの暮らしのほんの一部。例としてフライヤーをデザインする場合の、ざっくりした仕事の流れをご説明。

①企画(コンセプトメイキング)

ターゲットや商品、市場動向などから、展開の方向を探る

②コピーライティング

タイトルやリード文などはこちらで提案す

もっとみる

【自己紹介】ヨハクデザイン

はじめましての方に。まずは自己紹介。

出身:兵庫県
メインオフィス:神奈川県
サブオフィス:岩手、愛媛、福井、長野など
仕事:紙媒体中心のグラフィックデザイン / デザイン会社経営 / 旅人
呼び方:ヨハクさん
趣味:旅、ドライブ、読書、お酒

大阪芸術大学を卒業し、滋賀→東京→神奈川と、引っ越しはたぶん8回くらい。

4社のデザイン制作会社を経て独立。睡眠時間を削って、体を酷使しなくて

もっとみる