環境構築

macにrails6の環境構築

どうもこんばんは。

新しくmacを購入したので、rails(しかもversion6!)の環境構築をしました。
Windowsと違って簡単ですね。助かりました。

環境

macOS Mojave 10.14.6

homebrewのインストール

http://brew.sh/index_ja.htmlから以下のコマンドを貼り付け。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fs

もっとみる

AWSでWEBサーバーをたてよう(3)ALB編

『AWSでWEBサーバーを作る』の3回目
ALBを使って、2台のWEBサーバーで1つのWEBサイトを作ります。
ALBを使うと複数のWEBサーバーで負荷分散する仕組みを簡単に作れます。また、1台のWEBサーバーで不具合が起きると、他のWEBサーバーでWEBサイトを提供できるようになります。

■やること
・2つのWEBサーバーでALBを作成
・動作確認① WEBサイトが開くことを確認
・動作確認②

もっとみる

Chocolateyで始める環境構築

はじめに

 みなさんは環境構築で躓いたことはありますか?

私は何度もあります(笑)。特にWindowsで環境構築をするといちいち公式サイトに行って環境変数追加して....とめんどくさいですよね(笑)

「もっと簡単に導入できないのか.....」と思っているそこのあなた!

Chocolateyを使うことでコマンド一発で導入できます!!!

Chocolateyとは?

Windows向けのパッ

もっとみる

React Native 開発環境立ち上げメモ

Home brewすら入っていないPCで create-react-native-app コマンド使って環境立ち上げることはもう二度とないと思うので、つまづきポイント入れてメモすることにした

Home brew を入れる

つまづくところは何もない、コマンド打つだけ

node.js を入れる

この記事を読みながら入れる

便利なコマンドを使う

便利コマンド `create-react-na

もっとみる

Lisk SDK で遊ぼう #1

はじめに

こんにちは。
健康診断で胃カメラを鼻から入れる時に、「痛かったら言ってね」と言われたので「痛い」と言ったら「鼻血出そうではないから大丈夫ですよー」と言われ、(ほなら、なんで言えって言うんや。。。)と辛い気持ちになった万博おじです。

ついに Alpha SDK 出ましたね!
ということで、今回からSDKの遊ぼうシリーズをやります。
いつも通り不定期。
とりあえず、Ubuntuを使う方法

もっとみる

主体的に生きる。ってのがここ最近の私のテーマ。誰にも縛られず、会いたい人に会いに行く。そのマインドをもう一度。

当たり前になってた環境やツールが途絶えた時

もう毎年、非日常であるはずの自然災害が日常的に、どこにでも起きてるような状況の中で、BCMの考え方とBCPなどの策定は急を要すると思います。

個人にあっては地域や家庭、自分のリスクを洗い出し、その対処を常々考え、準備しておきたい。

今、住んでいるところも、過ごしている環境も、利活用出来ているインフラやサービスもいつ途絶えるかは解りません。

当たり前に、日常になっているからこそ、いざという時の

もっとみる

AWS Cloud9 Python環境構築スクリプト

本noteは、下記ツールの特典として配布された環境構築シェルスクリプトの解説になります。

損益グラフ作成ツール「PLCreator」

【2019/07/07】追記
AWS Cloud9 Python環境構築スクリプト自体の需要があることを受けてシェルスクリプト単体でも入手できるように有料化しました。

シェルスクリプトの使い方は全て無料パートに記載していますのでPLCreator特典をお持ちの

もっとみる
ありがとうございます!よろしければフォロー&シェアも頂けたら幸いです。
15

[小魚師匠BOT] Cloud9環境の準備

環境構築の事前準備

○AWS
以下のURLから、Amazon Web Service用のアカウントを作成してください。
https://portal.aws.amazon.com/billing/signup#/start

○BitFlyerユーザーの場合
以下のURLから、APIキー・秘密鍵の取得を行ってください。
必ず、2つとも大切に保存しておいてください。
https://lightni

もっとみる

MacOS Mojave の開発環境構築(Ruby on Rails 編)

はじめに

MacBook Pro 2018 での開発環境を構築した際の記録です。
随時、加筆修正致します。

記事作成時の環境

・Model: MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
・OS: macOS Mojave 10.14.4
・rbenv 1.1.2
・Ruby 2.6.3
・Bundler 2.0.1
・Rails

もっとみる