画像認識

実写VR(Virtual Reality)の歩き方 2

昨今のVR技術でその応用はこれまでの映像経験や視覚以外の五感で感じる人工的な場所、エンタメでもいいのだが、これまでに存在しないような空間や実写されたそのものに近い空間映像を個人に提供できる技術である。

一番近いVR的な既存の空間は「プラネタリウム」だろう。自分のまわりに繰り拡がる現実と見紛うばかりの世界を視覚と聴覚で体感できる。ある時は宇宙へある時は世界のどの場所へも、リアリティをもって、経験で

もっとみる

【人よりも正確に!ミスをしないマジックハンド】~ビジネスモデル考察Vol.25~

■背景
ロボットの技術において腕(アーム)の技術は相当進歩しているが、手(ハンド)の技術はまだまだ人間に劣っている
⇒人間の手と同じように物が掴めるようなロボットがあれば便利になるのではないか

■ターゲット
町工場等

■ビジネス詳細
・人間の手よりも正確に手作業を行えるD-Handの提供
・D-Handを正確に動作させる為の脳や目の代わりとなるD-Visionの提供
・独自のロボットを持てない

もっとみる

実写VR(Virtual Reality)の歩き方 1

Virtual Reality = 仮想現実と訳されているが 実はそうではない。これは誤訳といったらいいか、いつのまにかそう訳されてしまった。

仮想という概念が 仮定しての想像である。
実は Virtualとは 表面または名目上はそうでないが事実上,実質上は、という意味である。  Realityは 現実(性),真実性 である。なので、実際は仮想でもなんでもない。

名目上はそうでないが、現実さな

もっとみる

【CVPR'19 / ICCV'19】3D Human Pose Estimationの最新研究動向まとめ

はじめに

Pose Estimationとは、画像や動画から人物の姿勢(関節位置)を推定するタスクのことです。特殊なマーカーを身に着けたりせずに、一般的な動画像のみから人物の姿勢を推定できるため、例えば
 ・スポーツにおける選手のフォーム分析
 ・映画やアニメの制作におけるモーションキャプチャ
 ・店舗の監視カメラ映像を元にした人物の行動解析
など、様々なアプリケーションが考えられます。

従来

もっとみる

『「超」AI整理法』のnote版を公開しました(有料)。「超」メモ帳とアイディア製造工場については、書籍版への追加があります。書籍版への追加は、随時、更新する予定です。
https://note.mu/yukionoguchi/m/m9327149f76e2

AI と人間のちがい|ニューラルネットワークとディープラーニングから見えてくるもの

こちらの動画をご覧ください。Excelで作成した、画像を認識する人工知能( AI )です。 

左上の 6 × 6 のセルに模様を描くと、その形が数字の 1 ~ 3 のどれに近いかを識別する極めて簡単な AI です。ドーナツ円グラフはアルゴリズムによる類似度の判定(橙が1、青が2、黄が3)、左下のキャラクターは気にしないで下さい。会社の先輩の似顔絵です。スペースを埋めるために挿し込んだだけで、AI

もっとみる

【今週のAI記事厳選!】 AI界隈注目記事まとめ #12 (7/21~7/28) | AI Academy News

はじめに

kazuです!
毎週恒例の今週の注目AIニュースのまとめです!
今週もまとめます!

*AIに関して勉強したい方は下記の2つご利用ください!
AI Academy
無料でPythonや機械学習、ディープラーニングが学べるオンラインAIプログラミング学習サービス
*一部コンテンツは月額980円にて全て利用可能。
AI Academy Bootcamp
個人向けのAIスクール(1ヶ月5万

もっとみる

2019/07/28 NewsPicksオリジナル記事感想まとめ

◎注意事項

・あくまで「個人的な意見、感想」です
・記事の詳しい内容は省く方向で、その場の気分で書いてます
・興味がなかったり、時間が無かったりで読まない記事もあります
・問題があれば削除します

本日の内容はこちら

1、【睡眠研究医が警告】若者が「朝活」をやめるべき理由

これは割と納得できる記事。

というのも、今の仕事に就いてない頃の平均睡眠時間は午前4時~正午の12時。最も集中できてい

もっとみる

「超」AI整理法(note版)目次

個人が扱う情報の量が劇的に増大しています。情報洪水に押し流されず、それをうまくコントロールできれば、知的生産の能率は非常に高まります。
本書では、そのための手段として、「超」メモ帳と画像認識機能の利用を提案します。
「超」メモ帳は、情報をいくらでも貯めて、必要なものを瞬時に引き出すための仕組みです。

このマガジンの本文は、『「超」AI整理法』(KADOKAWA、2019年6月)と基本的に同一のも

もっとみる

私が技術本を出版した裏側のストーリー

1ヶ月だけ期間(2019/08/09-2019/09/09)限定で、無料で公開します!

私が執筆した本が出版されました!

【今すぐ試したい!機械学習・深層学習(ディープラーニング)画像認識プログラミングレシピ】

タイトルが長すぎ!笑

秀和システムの皆さん、ありがとうございます!

6ヶ月間かかりました!

463ページの大作です。笑(400ページを越えるとは思わなかったです。)準鈍器です。

もっとみる