【港町記録】苫小牧のちょっといい日

青空はそれだけで気持ちがいい。
なんだか爽やかな気分になって
一緒にランチをする予定の同僚の休憩を待つ間
以前訪れたカフェを再訪するべく向かっていた、が、
「美術博物館」と言う文字を見かけて方向転換。

でも結局、見たかった美術館は会期外でオープンしておらず、博物館を見る時間もなかったのでまたカフェへと歩みを進めようと思った。

でも外は平日午前、併設する大きな公園には赤ちゃんを連れたお母さん、散

もっとみる

アウェイ戦だからこそ感じること

9月14日(土)、15日(日)の2日間は、王子イーグルスとのアウェイ戦で、苫小牧に行ってきました。2連戦勝利で、喜び爆発させたいところですが、感じたことをそのまま書きたいと思います。

今回の遠征はいつも東京から一緒に行ってくれる友達が行けず、1人で苫小牧入りしました。

2回目だったので問題無く到着して、無事に着いたことに安心したのか急にお腹も減って楽しみにしていたヴァンカムへ。

個人的にナポ

もっとみる

氷都の戦士たち

日本製紙クレインズ廃部―

 昨年12月のことだった。日本製紙株式会社釧路工場の事業縮小によるアイスホッケーチーム「日本製紙クレインズ」の廃部が決定された。アイスホッケーアジアリーグ真っ最中、突然の知らせに選手たちも釧路市民たちも驚きと動揺を隠せなかった。

 かつて釧路にとって製紙は基幹産業の一つであった。しかし、新聞紙や上質紙などの洋紙生産の減少とともに収益が悪化、そしてそれは釧路で唯一存在す

もっとみる

湖と一体になった温泉で心を解放する:丸駒温泉

#北海道のここがえーぞ

実家の苫小牧に帰って、少し時間があると父の車を借りて1時間ほど走る。

支笏湖道路を北上し、T字路を左に曲がり、キャンプ場を横目に、さらに北上。支笏湖沿いの道も気持ちよく、突き当たりを右に行くと札幌なのに、左の細い少し不安になるような道を行き止まりまで走る。

そこにあるのが丸駒温泉旅館だ。

昔は、支笏湖から船でアプローチするしかなかった秘湯だが、今は車で行けるようにな

もっとみる

苫小牧のカレーラーメンを食べてください

#北海道のここがえーぞ

北海道といえば、まあ、ラーメンである。

札幌の味噌とか、函館の塩とか、旭川の醤油とんこつとか。

この企画の中でも投稿も多いようである。

でも、苫小牧はカレーラーメンなのである。

もう一つ書いているブログの方でダントツの人気記事なのが、このカレーラーメン紹介だったりする。

しかし、苫小牧のカレーラーメンはもう全国区的にも認められて良いレベルだし、評価も得ているので

もっとみる

2019.7.19-20 アイスホッケー男子日本代表苫小牧合宿(ツィートのまとめです)

前回のnote、お読みいただいた皆様本当にどうもありがとうございました!

さて、チーム始動の一報や様々なイベントの告知も増えてくる季節、アイスホッケーファンの方は俄かに忙しくなってきたのではないでしょうか。

色々と目白押しですがその前にもうひとつ、こちらも見逃せないということで…

見学に行かせていただきました!
その時の様子をツィートしたもの(プラス、自分のツィート以外にも織り交ぜさせていた

もっとみる

快適な場所からあえて抜け出す。

人は快適な場所にいるのが好きです。
だって快適だから。

プライベートでは快適な場所を目指すことでストレスを減らせたりリフレッシュできたりするので、それでいいと思います。(ワクワクはないですが。)

でも、ビジネスの世界、自分のキャリア、成長とかを考えたとき、この「快適な場所」というのはあまり望ましくありません。

人間には、というか生物にはホメオスタシス(恒常性)という機能により、環境を一定の状

もっとみる

北海道のおすすめお宿のまとめ

(楽天トラベル)北海道のおすすめお宿のまとめ

==============================

~夕日に映えるオホーツク海を一望する知床絶景自慢のホテル。

【地域】#北海道 #網走 #紋別 #北見 #知床
【ホテル】ウトロ温泉 知床第一ホテル

==============================

~露天風呂付き個室を構える情緒溢れる一軒宿。

【地域】#北海道 #網

もっとみる

苫小牧温泉ほのか レポ

施設情報

苫小牧温泉ほのか

場所

〒053-0814 北海道苫小牧市糸井124−1

利用日

2019年3月

こちら入口になります。

入口入ってすぐに下足ロッカーがあります。

そして、受付です。

ロッカーのカギを預けて、受付を済ませます。

館内図です。

1Fが受付とお風呂になっており、2Fに食事処や休憩所、ゲームコーナーなどがあります。

岩盤浴は今回利用しておりません。

もっとみる

Down the Valley

北海道・苫小牧を拠点とするNOT WONKの最新アルバム。そのタイトルである。彼らの現時点での最高傑作だと思う。少なくとも私はそう感じている。音楽も言葉も知らない私にとって説明するのが難しいアルバム。だが此処はあくまで私の為の私の日記。だから此処に記したいと思う。彼らが向かっている先には過去の音楽の再構築ではなく「今」を追っている気がする。単にオルタナ・グランジという言葉だけでは、もはや片付けられ

もっとみる