誰も教えない自由英作文の書き方

卒業生の7割が理数系の科目は出来るのに、英語国語で伸び悩んでいた現役国立理系組です。その大きな要因が英語は暗記科目という固定観念でした。どの科目にも暗記する部分はありますが、それらを使ってどう推考するかの思考力が重要で、英語も例外ではないと知ると生徒たちの取り組み方は激変します。

当塾は大学受験(国立大・私大問わず)を主に英語(国語)の個別指導塾です。来年で終了するセンター試験は勿論、国立大二次の英語や私大英語学部別対策を各受験生の弱点に合わせて指導しています。※英語苦手な中学生や高校部活生には2008から始めた遠隔指導も可能です。

古いですが、ブルースウィルスのdie hardの意味を知らないことも。残念ながら「一生懸命死ぬ」ではないです。Bad habits die hard.「悪習慣はなかなかなくならない」のように、「やってもやってもなかなか死なない奴」という感じ。ブルームーン探偵社を知ってますか?

闘病中の人は、勿論、苦しい日々。でも、そばにいる家族も同じくらい苦しいのでは!?痛みに直接関係ない他の検査や歯科治療に何故行くのか?自問自答。別の病気になって、これ以上家族に迷惑をかけない為。完治したら家族に迷惑かけた分、思いっきり仕事で返すためと心の中で繰り返し各病院に行く。

5月初めに投稿した2度目の留学から帰国した卒業生が、もう就活後6月から働き始めたと連絡が。やはり若さってとてつもないエネルギー、ポテンシャル。どこまで伸びていくんだろう?もうとっくに負けているけど、強い刺激を受ける。私も資格国家試験でも受けてみようか!?有り難うfb卒業生たち!

図解英語教室「現代英語ノート」

来週からスタートする僕の10分トークノート。
ちょっとした小話をまとめているところです。

題して「現代英語ノート」

例えば・・・・
否定を表現する言葉のnoと notの違いとは?
regret(残念)って「誰が?」=自分なのか?それとも相手?
基本的な動詞を使って幅のある英作文、読解や和訳が出来るように。
そんなヒントになったらいいなーと。

図解英語シリーズの新たな引出しになると予感。

もっとみる

人の真の姿は崖っぷち絶体絶命にならないと分からない。そこに立たされた時、逃げるか対峙するかで本当の自分を知る。いくら地位や見た目で装っても関係ない。自分の強さも弱さも今までとは全く違う状況下で容赦なく問われる。そこに他者が介入することは出来ない。たとえ家族であっても。

なぜ最近の車はスマホしながらウインカーも出さずに右左折するんだろう?なぜ自転車は信号無視しながら自転車レーン逆走で歩行者とぶつかりそうになるのか?無知なのか?これでは高齢者のみならず事故が起こって当たり前。皆どうしたんだろ?おもてなし以前に我々日本人は客観視できなくなってるのか?

今年でセサミストリートは50周年。メインキャラクターではないけど、カウント伯爵というキャラクターが。何故、彼はいつも数を数えるのか?ご存知のようにcountは数をかぞえるですが、countには「伯爵」いう意味も。英語はこのように同音異義をかけ合わせたり韻を踏むことを好む傾向が。

図解英語教室「試験に出ない英単語」

僕の世代までかな?
試験にでるシリーズが受験生のバイブルだったのは。
英語だけでなく、古文や日本史も。
試単とか呼び方は地方で異なってるのかな?

思わぬ本に出合った!
「試験に出ない英単語」(飛鳥新社)

笑える。

込み上げてくる笑いが、さらに笑いを誘う。
日本にやってきた外国人に絶対おススメできるおみやげの1つと自負する。

役に立たない!という人は、読んだことがない人だ。
英文法は実に、受

もっとみる