逝け逝け戦後日本人

衆参同日解散代替案

日産のカルロス・ゴーン社長が、金融商品取引法の刑事罰で逮捕されて、まだ拘留だの、公判だのと人質司法が罷り通るが、これは、堀江貴文Livedoorフジテレビ買収事件、鈴木宗男・佐藤優国策捜査と同じで、日本の司法が、ご都合主義で、人治司法以上の人置司法である証左だが、この刑法における保証人となる人質制度を、国会においても導入して、野党共闘を切に訴える小沢一郎を自由民主党に復党させて、竹下派である経世会

もっとみる

今、求められる政党とは。

韓国と創価学会がGoal Postを恣意的に、意図的に動かすことは既に繰り返し書いたが、新しいGoal Postが近づいてくることもあるようで、それがあまりに露骨すぎるわけだが、Goal Postを動かすこと自体、政治責任を逃れたい一心で被選挙者は必至だが、その最たる政治家が、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事である。

それはともかく、直近の参議院議員候補者を見てみると、

自由民主党の場合、

もっとみる

ふるさと投票制度

竹下Manifestoは、これだ。と言っても過言ではない、政治的公約であるが、ふるさと納税に続いて、ふるさと投票制度を提言したい。

2019年参議院選挙で、合区制度が貫徹されてしまうので、島根・鳥取合区選挙区、高知・徳島合区選挙区にとっては、死活問題であることに何ら変わりないが、合区制度に反対といっても、選挙制度を根本的に改革するほどの対案がないので、惰性的に合区制度を運用して、東京の政治家不足

もっとみる

経済ー令和研究会第四回ー

世代交代が竹下登の政治的大義であり、打倒創価については、同輩の民社党の村山富市と共通の政治的大義として政党を超えて、All Japanで結託していたが、打倒創価を今まで頻繁に用いてきたことで、このBlogの最頻用語になっているが、あまりに打倒創価を訴えたことで、当の領主であるDAIGOが、創価芸人と共演したPhotoをTweetして、打倒創価は爽快だが、日本から教育を完全に無くすのはいかがなものか

もっとみる

Intelligence政治工作

神戸大学の政治理論の教授である飯田文雄は、学士号しか持っていない教授であるが、大学院にも進学していないし、資格も持っていないし、キャリア公務員としての勤務経験もない、人間の屑である敗戦利得者であるが、その飯田文雄は、「私が、インテリで、君たちは、スマートだ。」とカタカナで説明していたが、この飯田文雄が、ENGLISHを使った場面を見たことは一度もなく、IntelligenceとInteriorの区

もっとみる

財政−令和研究会第二回−

国民民主党の玉木代表が、立憲民主党の菅直人前首相に対して、「お遍路を回られたらよろしい。アレンジしますよ。」とRetweetして、本人は後悔しているらしいが、世間では、「玉木、よく言った。」と高評価で、Democracyの行き先は、相変らず不透明で、国民を何処に持っていくのか分からないままだが、Democracyに大義などは不要で、大義のあるDemocracyはDemocracyではないというくら

もっとみる

I can't speak Englishの橋下徹。

橋下徹が、連邦国家二院制について本を出して、アメリカ政治を学べとほざいているが、大阪府知事時代に、インドを訪問した時に、"I can't speak English."と挨拶していたが、今はDonald Trump気取りで、自称英米派、敗戦利得者もろだしだが、お前から、アメリカ政治を教わることなんて微塵もない。どうせ日本国憲法と同じく、でっちあげて書いた作文。

先ずは、橋下徹一人で、Americ

もっとみる

Dr.K

Dr.Kが、戦後日本人を追及した結果、十分、意見が斟酌されたようで、政治指導者が、「要は、命令ってことでしょう。法の支配の法令も命令だ。」となって、万葉集から引用と後からWarrantを探すというお粗末な元号。
昭和で和は使っているのに、令和というNaming Senseのなさ。枝野幸男の真っ当な政治を求めると、脱八百長政治、法律を守る意識だけはあるようだ。
令和が良いのであれば、黎明でも良かった

もっとみる

戦後日本総括-Generalization-

2015年くらいから、散々と改元になると騒いできたが、明日、新元号が官房長官によって発表されるとこまで来た。

そこで、戦後日本を総括的筆法で、総括すると、

毎年、防衛大学校で、内閣総理大臣の訓示があり、自衛官の宣誓書をもってして、一応、自衛隊に対して、政治職の内閣総理大臣が、儀仗行為を天皇陛下に代わって、国事行為を行っているが、これは、内閣総理大臣の助言と承認次第で、日本国憲法第七条十号にした

もっとみる

あくまで内需に拘泥する日本政経界

森永卓郎が、鎖国体制にあった江戸時代の経済を礼賛しているが、簡単に考えれば、日本の人口の半分が、消費者で、もう半分が、生産者で、G-Wの繰り返しで、G-W-G'-W'-G"-W"-となって、拡大再生産になっておらず、資本主義とは到底呼べない日本経済に戻そうと西部派や竹下経世会は考えているが、今、安倍政権は、”Buy My Abenomics"で、外需頼みの、輸出志向型の日本経済で、外国の消費に頼っ

もっとみる