道具コラム

道具コラム『電子レンジ』

数年前、電子レンジを使ったレシピを紹介した時、「身体に悪いのではないか」という意見を複数いただいた。庫内でなにが起きているのかわからないので、不安を抱く人が多いのだと思う。電子レンジの不幸は仕組みと名前が一致していないことだ。この名前は当時「電子」という言葉に高級な響きがある(たしかに電子機器なんて当時は高級品だ)という理由から命名されたらしい。

電子レンジは英語では「Microwave Ove

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
46

道具コラム『おろし金と大根おろしの作り方』

『おろし金』は和食をつくるなら是非、一つ購入しておきたい日本独特の調理道具。

おろし金は「おろす」という単一用途に特化した珍しい道具。好まれる形は地方や用途によって異なり、関東は写真のような羽子板型、関西は四角いおろし金が一般的だ。形だけではなく、材質も様々で、プロの現場で使われているおろし金は銅製が多かったけれど、最近はステンレス製のおろし金も増えている。

おすすめできないのはアルミやプラス

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
31

料理道具コラム 『鍋』

料理をする時に必要な道具の話。

和食を中心に日々の家庭料理を組み立てたい、という場合が台所に揃えたい鍋は最低限

雪平鍋 15cm  18cm、もしくは18cm、21cm
ステンレスの片手鍋 15cm (ミルクパン) 
煮込み用の鍋(ステンレスの蓋付きか鋳鉄鍋)
フライパン(テフロン加工、または鉄製) 

の5つ。

アルミの雪平鍋はプロの現場でも最も普及している鍋。現場では取っ手がない丸鍋も広

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
42

料理道具コラム 『包丁』

料理をする時に必要な道具の話。

台所に必要な包丁は最低2本、三徳包丁とペティナイフと広く言われている。ただ、市販されている三徳包丁の多くは刃渡が短く、肉や魚を切る際に不便なので、小ぶりな牛刀か筋引きが個人的には便利だと思う。

下はペティナイフで、上の三徳包丁は土井勝考案(東亜金属製)のもの。一般的に売られている三徳包丁よりも刀身が長く、形状としては筋引きに近い。刺身も引ければ肉も切れる万能包丁

もっとみる
ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
59