Pineエディター

VIX戦術は今でもBTCFXに通用するのか? ~ボラティリティ・インデックス(恐怖指数)を利用したFXトレード~

今回はビットコインバブルがあったころ安定するトレード方法としてよく取り上げられていたVIX戦術。

五月からはついに令和になるというわけで笑だいぶ年月が経ちましたが、はたして今のビットコインFXにおいて通用するのか、基本に沿った入門的な方法でチャートとともに照らし合わせながら確認していきたいと思います。

使用環境

チャート

Trading view 無料版(表示可能な最大インジゲーター数は3

もっとみる

[TradingView](インジケータ数節約) 異なる設定の移動平均線やボリンジャーバンドを合成し、一つのインジケータとして表示する方法

◆インジケータ数に困っていませんか?
TradingViewは様々なインジケータの使用ができ非常に便利ですが、プランによって表示できるインジケータ数に限りがあるのはユーザー共通の難点かと思います。
無料プランではなんと3種しか同時表示できません。

3種類って・・・移動平均線を3種類表示したら終わりですよね?
最低限表示したいメジャーなインジケータを挙げたとして、この中から3つだけ選べと?
・移動

もっとみる

[TradingView]移動平均線乖離率を表示するインジケーター(インディケーター)

◆本ノートの紹介
閲覧いただきありがとうございます。本ノートの構成を紹介します。
[無料範囲]
・TradingViewの簡単な紹介
・トレードにおける移動平均線乖離率の活用例の紹介
・本インジケータで設定できる項目の説明
[有料範囲]
・移動平均線乖離率のソースコードの掲載
・ソースコードの設定方法、チャート上に表示させる方法を記載

◆TradingViewについて簡単な説明
株や為替、仮想通

もっとみる

BTCFX Trading view ボリンジャーバンド+一目均衡表 スクリプト

ボリンジャーバンドと一目均衡表の雲を用いてトレードする方はわりとメジャーな方法なので多いかと思われます。

一応、Trading view では一目均衡表もボリンジャーバンドは内蔵のインジケーターに存在しますがそれぞれ別々のスクリプトとして存在しており、特に自分はフリープランでTrading view を利用しているのですがフリープランで Trading view を使用している方は一度に表示でき

もっとみる

アラート付き MACDダイバインジ+CCI戦術

2019/05/27

販売数が一定数が超えましたのでまた値上げさせていただきます。とは言えどもいきなり値上げするのも値上げ直前、値上げ直後に買った人とで不公平感もあるかと思われますので残り5部限定で据え置きます。

残数 5部 2019/05/27 更新

MACDのダイバージェンスとCCIとVIXの三つのインジケータを組み合わせてトレードする手法を公開したいと思います。

MACDのダイバージ

もっとみる

vix戦術 無料版用 TRADING VIEW スクリプト アラート付き

はじめに

初めてこのnoteを出してから一年近く経ち、vix戦術の人気も薄れてきましたが、vix戦術はいまだに固い勝率を持つ手法であることが分かりました。

検証についてはこちら

今は様々な戦術が存在しもちろんこのvixのインジゲーターに加えその他の様々なインジゲーターを利用し多くの皆さんがトレードをされているかと思われます。

このインジゲーターを利用したvix戦術はfxを初めて始める人にと

もっとみる